働き方 向いている仕事

気を使いすぎる人に向いてる仕事を解説!性格の特徴や職場での活かし方も紹介

気を使いすぎる人は周りに細かな気配りができ、任された仕事をきちんとやり遂げるため、周りからも信頼される存在です。

ただし、自分よりも周りを優先してしまうため、周りから「面倒くさい」「表裏がありそう」と思われることも珍しくありません。

この記事では、気を使いすぎる人に向いてる仕事と性格の特徴、職場での活かし方をご紹介します。

気を使いすぎる人にどのような仕事を提案すればいいのか悩んでいるといった企業の採用担当者様は、ぜひ参考にしてください。

以下の記事も、気を使いすぎる人について理解を深めたい方におすすめです。

エンパスとは?向いてる仕事や長く働ける環境づくりのコツも解説

洞察力がある人に向いてる仕事を紹介!長所や短所も解説

気を使いすぎる人の性格の特徴

気を使いすぎる人は優しすぎると書かれた画像

気を使いすぎる人の性格にはどのような特徴があるのでしょうか。まずは見ていきましょう。

頼まれたことを断れない

気を使いすぎる人は、相手から嫌われたくないという気持ちが強いため、基本的に頼まれたことを断れない人が多いと言われています。

自分がどんなに忙しい時でも、相手から頼まれたことは全て引き受けてしまうお人好しが多いです。

気付いたらオーバーワークになっていたということは、決して珍しいことではありません。

責任感が人一倍強い

気を使いすぎる人は、責任感が強いため任された仕事はきちんとやり遂げます。

途中で物事を投げ出すことはしないため、職場や取引先でも高い評価を得られやすいです。

ただ、責任感が強いあまり、できないことがあれば自分を追い込んでしまいやすいと言えるでしょう。

自分よりも周りを優先する

「空気を読まなきゃいけない」「周りからの評価が気になる」といったことを考えながら日々を生きているのが、気を使いすぎる人です。

無意識に自分よりも周りを優先してしまうため、時には「面倒くさい人」と思われてしまうこともあります。

周りを優先することの根底には、「周りに迷惑をかけてはいけない」といった考えがあると言われています。

自分自身をまずは大切にすることから、見直すことが必要です。

気を使いすぎる人に向いてる仕事の探し方

向いてる仕事の探し方と書かれた画像

気を使いすぎる人に向いてる仕事を探すにはどうすればいいのでしょうか。

適性の高い仕事やポジションを提案するためには、以下の条件に近い仕事が提案できないか考えてみるといいでしょう。

  • 正確で丁寧な仕事が求められる仕事
  • 人や動物をケアする仕事
  • 限られた人とのみコミュニケーションが必要な仕事

気を使いすぎる人は慎重な性格の持ち主であることが多いため、任された仕事は丁寧にこなすことができます。

また、相手のことを考えながら発言したり行動したりすることができるため、人や動物のケアをするような仕事も向いてるでしょう。

気を使いすぎる人に向いてる仕事

優しさや丁寧な仕事ぶりが活かせる仕事

気を使いすぎる人に向いてる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

早速見ていきましょう。

  • 事務
  • 医療福祉職全般
  • カウンセラー
  • 清掃員

事務

事務の仕事は、データ入力や書類作成など正確性が求められるものが多いです。

気を使いすぎる人は、丁寧な仕事を得意とするため事務の仕事は向いてると言えるでしょう。

残業が発生することも少ないため、マイペースに働くことができます。

医療福祉職全般

医療福祉職全般の仕事は患者や子ども、高齢者、障がい者などさまざまな人をケアすることです。

気を使いすぎる人は優しく、相手の立場に立って物事を考えて行動することができるため、この仕事も向いています。

ただし、直接的に生死に関わる仕事もあるため、気を使いすぎる人に多いHSPの可能性がある人は、医療福祉職の中でも職種を選んだほうがいいでしょう。

カウンセラー

カウンセラーは相手の悩みを聞き、解決に向けて時にアドバイスする仕事です。

気を使いすぎる人は自分より相手を優先して考えることができるため、この仕事も向いていると言えるでしょう。

活躍できる場は学校や病院、産業カウンセラーなどさまざまです。

清掃員

清掃員の仕事は、決められた場所をテキパキと掃除することです。

多くのコミュニケーションを必要としないため、気を使いすぎる人でも「できるだけ黙々と作業したい」と考える人には向いている仕事でしょう。

気を使いすぎる人に向いてない仕事

目標達成やコミュニケーション能力が求められる仕事

気を使いすぎる人に向いてない仕事には、以下のようなものがあります。

  • コンサルティング
  • 営業
  • 接客業
  • 経営者

いずれも数字に追われたり、 多くの人とコミュニケーションを必要としたりする仕事です。

詳しく見ていきましょう。

コンサルティング

コンサルティングの仕事は顧客の悩みを聞き、さまざまなデータを活用しながら分析して解決策を導き出すものです。

実に多くのことを担当しながら仕事を進める必要があるため、精神的にも体力的にも強靭さが求められます。

気を使いすぎる人は何事も正確にこなしたいという思いが強い人が多いため、総合力が求められるコンサルティングは不向きです。

営業

営業の仕事は商品やサービスに関する知識の把握や商談、契約後のサポートなど幅広いのが特徴です。

企業にもよりますが、多くの場合がノルマがあり達成することを目標に働かなければいけません。

気を使いすぎる人は周りを優先してしまうため、自己主張が求められる場面が多い営業の仕事は不向きだと言えるでしょう。

接客業

接客業の仕事は、お客様が求める商品やサービスを提供することです。

1日に多くの人と接する仕事であるため、気を使いすぎる人には向いていません。

また、お客様から理不尽なことを言われることもあるため、優しすぎて気を使いすぎる人には辛い仕事でもあります。

経営者

経営者の仕事は、抱える従業員の生活を守りながら安定した事業経営を続けることです。

自分で意思決定できる人、多くの人とコミュニケーションを取ることが苦にならない人に向いています。

気を使いすぎる人は周りを優先してしまう特性があるため、周りに何と思われようと良いといった一匹狼のような素質が求められる経営者の仕事は向いていないと言えるでしょう。

気を使いすぎる人の強みを職場でうまく活かす方法

職場で強みを活かす方法と書かれた画像

気を使いすぎる人は、とても優しく細やかなことに気配りができる素晴らしい人材です。

ここでは、どうすれば職場で気を使いすぎる人が持つ特性を活かすことができるのかご紹介します。

アットホームな職場づくりを目指す

気を使いすぎる人は空気を読んで行動することが多いため、働きやすい環境を目指すにはまずは職場の雰囲気を変えることをおすすめします。

自社のオフィスの雰囲気はどのようなものか、一度見直してみるといいでしょう。

分からないことを上司や同僚に質問しにくい空気、残業しなければいけない変な習慣が付いてしまっている場合は1日も早く改善しましょう。

気軽に褒め合えたり、発言できたりする雰囲気を作ることで気を使いすぎる人もリラックスして働くことができます。

雑な人のサポート役を任せる

気を使いすぎる人は仕事が丁寧で正確性が高いことから、仕事が雑な人のサポート役を任せてみるのもいいでしょう。

書類作成ミスや記入漏れなど雑な人が苦手とする部分をサポートすることができれば、職場の生産性も上がりそれぞれの仕事に対するやりがいも生まれます。

雑な人に関する詳しいことは、以下の記事を参考にしてみてください。

雑な人に向いてる仕事を紹介!性格の特徴や改善方法も解説

気を使いすぎる人の特性を理解して向いてる仕事を提案しよう

今回は、気を使いすぎる人の性格の特徴や向いてる仕事をメインに解説しました。

気を使いすぎる人には優しい人が多いため、働きやすい条件が整っている職場で働くことができれば企業に大きく貢献することができるでしょう。

これから気を使いすぎる人の採用を予定している、人事異動をどうすべきか悩んでいるといった企業の採用担当様は、今回紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。

-働き方, 向いている仕事
-, , , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.