洞察力がある人に向いてる仕事を紹介!長所や短所も解説と書かれた画像

働き方 向いている仕事

洞察力がある人に向いてる仕事を紹介!長所や短所も解説

洞察力がある人は物事の本質を見抜くことが得意で、先々のことを考えて行動できます。

状況を改善する力や周囲をサポートする力に長けているため、魅力的な人材として社会的に高く評価されることも多いです。

この記事では、洞察力がある人に向いてる仕事をご紹介します。

長所や短所についても解説しますので、今後洞察力がある人の採用を考えている採用担当者様はぜひ参考にしてください。

洞察力がある人に向いてる仕事

洞察力がある人に向いてる仕事と書かれた画像

洞察力がある人は、こちらが言葉を多く語らなくてもスピーディーに物事の本質を見抜くことができます。そのため、世の中にある仕事のなかで向いていない仕事はほぼないと考えていいでしょう。

ここでは、洞察力がある人に特に向いてる仕事を3つご紹介します。

  • 営業職
  • 管理職
  • 心理カウンセラー

営業職

営業職は、多くの人とコミュニケーションをとりながら信頼関係を築くことが一つのミッションとなります。

洞察力がある人は、自分が持っている知識や経験をフル活用しながら、相手が必要とする内容や商品・サービスを提案することが得意です。

例えば、商談時にクライアントと会話している時も「相手は何に悩んでいてどうすれば問題を解決できるのか」「悩みの原因や背景は何か」など、さまざまなことを考えています。

相手が言葉にしない部分を自分なりに推察し、何か提案につながるヒントはないかと考えることができるのです。

多くの場合、短期間でクライアントが求める内容にマッチしたものを提案できるため、相手から信頼できる相手だと思ってもらえます。

それが結果的に、契約成立や商品の購入といったことにつながり、売上につながるわけです。

管理職

管理職は、企業の目的達成に向かって部下を育成したり、労働管理をしたりする大きな役割を担う仕事です。

洞察力がある人は分析力が高く、自分と異なる考えや価値観を持っている人とコミュニケーションをとることを得意とするため、上司となる経営者や部下からの信頼を得やすい特性があります。

また、どんな時でも客観的に物事を見ることができるため、能力を最大限に発揮できることでしょう。

心理カウンセラー

心理カウンセラーは、カウンセリングから相談する人の心理状態や悩みの原因になっているものは何かといったさまざまな情報を読み取り、解決策を共に考えていく仕事です。

洞察力がある人は観察力が非常に高く、相手のささいな表情や声色の変化など細かな部分を見つけることができます。

人の悩みを聞くことが苦にならない、悩んでいる人に寄り添える仕事がしたいという人には向いてる仕事だと言えるでしょう。

洞察力がある人の特徴

洞察力がある人の特徴と書かれた画像

洞察力がある人には、どのような特徴があるのでしょうか。早速、見ていきます。

さまざまな考えや価値観を素直に受け入れることができる

洞察力がある人は基本的に固定観念に捉われないため、自分と違う考えや価値観だからと拒否することはしません。

常にさまざまなことをインプットして自分の知識にし、仕事やプライベートで必要な時にアウトプットすることを習慣化しているため、どんなことでも理解しようと努力し受け入れることができます。

物事の意図を汲み取ることが得意

多くの情報がなくとも、洞察力がある人は物事の意図を汲み取ることが自然とできてしまいます。

「このままいくときっとこうなるだろう」「次はこんなことを要求されそうだ」といった将来への推測も簡単にできるため、先々のことを見越して行動することができてしまうのです。

相手に合わせたコミュニケーションがとれる

洞察力がある人は、日ごろから自分の周りの人がどんな人なのか観察しているため、その人に合わせたコミュニケーションをとることができます。

相手が「手伝って欲しい」「悩んでいるから話を聞いて欲しい」と口に出す前からそう言われるだろうと予想しているため、自分自身が先に動いて手助けすることもできてしまうのです。

洞察力がある人の長所と短所

洞察力がある人の長所と短所と書かれた画像

洞察力がある人の長所と短所には、どのようなものがあるのでしょうか。早速、見ていきます。

洞察力がある人の長所

まずは、洞察力がある人の長所から見ていきましょう。

ミスが少なく丁寧な仕事ができる

洞察力がある人は、行動に移す前にさまざまなことを推察するため、仕事を任せても完成度が高く細部まで丁寧に取り組んでいることが多いです。

正確さが重要視される仕事や失敗が許されないような仕事など、条件が厳しい内容も安心して任せることができます。

人のサポートも上手にこなすため、仕事の正確さに欠ける注意散漫な人を支えるポジションや新人の教育係を任せても問題なくこなしてくれるでしょう。

良好な人間関係を築くことができる

洞察力がある人は、相手が望んでいることや期待していることを短時間で感覚的に理解することができるため、人間関係でのトラブルを起こしにくく職場でも良好な人間関係を築くことができます。

痒い所に手が届くような対応ができるため、社内に限らず社外でも高い評価を得られやすいことが多いです。

柔軟な対応ができるため、他部署同士をつなぐパイプ役といったポジションにも高い能力を発揮することでしょう。

物事を吸収するスピードが速い

洞察力がある人は、これまでさまざまな経験と共に多くの知識を持っていることから、何事にも意欲的な人が多いと言われます。

インプットした内容は自分の引き出しの一つとなり、必要な時に素早く活用することができます。観察力や分析力の高さは、インプットの積み上げだと考えていいでしょう。

一つでも多くのことを学び、自分自身の成長につなげたいと考えることから、物事を吸収するスピードも自然と速くなるわけです。

多くの経験を積んだ人材であれば、面接時に会社そのものの再建や戦略について意見を求めてみてもいいでしょう。

自社に足りないものは何か、気付く良いヒントが見つかるかもしれません。

洞察力がある人の短所

続いては、洞察力がある人の短所を見ていきましょう。

行動したその先を考えるため慎重派が多い

洞察力がある人は、自身の知識や経験をフル活用しながらこれから先を推察するため、積極的に行動できない人が多いようです。

特に、過去に同じような行動をして良い結果にならなかった経験などがあれば、直感的に行動できなくなってしまいます。

そのため、行動力が求められる仕事では持ち前の能力を十分に発揮できない可能性が高いです。

自分自身に疲れてしまうことも

洞察力がある人は、多くの情報を読み取りさまざまなことを考えるため、疲れてしまうことも珍しくありません。人によっては、これがストレスに感じていることもあるようです。

「あの人にはこうしたほうがいい」「きっと次はこうして欲しいんだろうな」といった状況が続くと、気を休める暇がないため精神的に疲弊してしまうことも考えられます。

「何だか少し疲れているかも」と思ったら、声を掛け早めに休むように促しましょう。

洞察力がある人をうまく見極めて自社の成長につなげよう

今回は、洞察力がある人に向いてる仕事をご紹介しました。

洞察力がある人は、観察力や分析力に優れているからこそ抱える特有の悩みもありますが、相手の期待や要求を素早く察知できる能力や人に合わせた対応ができるスキルは職場では重宝されることでしょう。

これから洞察力がある人を採用したいと考える担当者様は、求めている人材なのかうまく見極めて自社の成長にうまくつなげられるよう努力してください。

-働き方, 向いている仕事
-, , , , , , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.