エンパスとは?向いてる仕事を長く働ける環境づくりのコツも解説と書かれた画像

働き方 向いている仕事

エンパスとは?向いてる仕事や長く働ける環境づくりのコツも解説

「相手が何を考えているか手に取るように分かってしまう」「衝撃的な映像を見ると辛くて仕方がない」

こういった特性を持つ人は、共感力が人一倍強く一般的にはエンパスと言われます。

この記事では、エンパスに向いてる仕事や長期で続けられる仕事に求められる条件を解説します。

エンパスとは

エンパスとはと書かれた画像

エンパスとは、近くにいる人が持つエネルギーや視界に入ってくる映像などから多くの感情やエネルギーを吸収してしまう人を言います。

共感力が高く五感が鋭いため、生きづらさを感じていたり、疲れやすいことに悩んでいたりする人も多いようです。

以下に、エンパスの特徴をまとめました。

  • 人から辛い経験を聞かされただけなのに、まるで自分も同じ経験をしたかのように感じてしまう
  • 人の悩みや悪口を聞くだけで体調が悪くなってしまう
  • 災害時の映像や残酷な内容の映像は、刺激が大きいため観ていて辛い
  • 人混みが苦手ですぐに酔ってしまう

エンパスは個性であり、病気ではありません。

うまく付き合いながら生活することができれば、特定の領域で能力を大きく発揮することもできます。

エンパスに向いてる仕事を紹介

向いてる仕事を紹介と書かれた画像

エンパスは人への共感力が人一倍強いため、人の心に寄り添える仕事や癒しを与えられる仕事が向いてると言えるでしょう。ここでは、いくつかエンパスに向いてる仕事をご紹介します。

  • Webライター
  • 受付
  • カウンセラー
  • 芸術家

 Webライター

エンパスは、相手が何を考えどのような情報を求めているか手に取るように分かります。

ユーザーの検索意図に沿った記事を執筆するのがうまいため、多くの人にとって役立つ情報を発信できるWebライターになれるでしょう。

自分でオリジナルサイトを開設し、運営することでブロガーやアフィリエイターといった形で収入を得ることもできます。

フリーランスとして働く際も、用意されたマニュアルに沿って記事を執筆し、締切をきちんと守りながら仕事に取り組むことができれば、マイペースに働くこともできるでしょう。

受付

エンパスは、マニュアルが用意されている仕事もストレスなくこなせます。

受付業務など会社の窓口としての業務を任せても、相手から「マニュアル的な対応しかできない」と思われにくく、自然に振る舞うことができます。

また、エンパスは相手の意図を汲み取ることに長けており、相手がどんな案内を求めているのか直感的に分かってしまうのでスピーディーに対応することもできます。

職場にもよりますが、基本的には受付の仕事は残業することなく定時で帰ることができるため、毎日の生活に疲れやすさを感じるエンパスにも向いている仕事だと言えるでしょう。

カウンセラー

エンパスは、相手の感情に共感しやすく些細な変化でもすぐに察知できることから、人の心に寄り添うカウンセラーも向いています。

ただし、相談してくる人は自分の悩みを聞いて欲しいという人が多いため、うまくエンパスの特性をコントロールできなければ大きなストレスになり得る仕事でもあります。

カウンセラーの仕事は悩みや愚痴を聞いたり、解決に向けて助言したりするものですがネガティブなエネルギーはうまく交わすことを忘れないようにしましょう。

芸術家

エンパスは五感が優れており他の人にはない感性を持ち合わせている人が多いことから、独創性が評価されやすい芸術家もおすすめです。

知名度や実績がない状態で芸術家として仕事をするには収入面で困ることも考えられるため、副業としてチャレンジしてみるのも一つの手だと言えるでしょう。

エンパスに向いてる仕事の探し方

向いてる仕事の探し方と書かれた画像

先ほど紹介した仕事以外にも、エンパスに向いてる仕事はたくさんあります。

エンパスは繊細な人も多く、ストレスを抱え込んでしまう人も多いことから、仕事探しは慎重に進めることが大切です。

ここでは、エンパスに向いてる仕事の探し方をご紹介します。

規則正しく生活できる勤務形態か確認する

エンパスにとっての大敵は不規則な生活を送ることです。

日ごろから多くの感情やエネルギーを吸収しやすいエンパスは、自律神経が乱れやすいため規則正しく生活することは健康に過ごすために必須条件となります。

仕事を探す際は、勤務形態がどうなっているのか一番に確認することをおすすめします。

夜勤や夕方以降が始業となる仕事は、エンパスの人が体調を崩してしまう原因にもなり得るので避けたほうがいいでしょう。

マイペースに取り組める仕事を選ぶ

エンパスは常に何かに緊張している状態の中で暮らしているため、緊張状態が強く続くような仕事は向いていません。

特に医師や看護師など、人の生死に直接的に関わる仕事はエンパスにとって大きなストレスになってしまいます。

本人が目指している場合でも、多くの感情やエネルギーを感じ取ることに疲れてしまいパニックに陥ることも考えられることから、避けたほうがいいでしょう。

できるだけ人と関わる機会が少なく、一人でマイペースに働ける仕事を選ぶことをおすすめします。

職場環境を事前に確認する

エンパスは他の人よりも五感が鋭いため、仕事内容が問題なくても職場環境が理由で仕事を続けられないこともあるようです。

大きな音がしたり、光が多く差し込んできたりする場所はエンパスにとって刺激が強い場所になります。

また、好まない香りがする場所や独特の空気感が漂う場所もストレスになりやすく、体調を崩してしまうことにつながるようです。

エンパスが長く働ける環境を作るコツ

長く働ける環境を作るコツと書かれた画像

エンパスはさまざまなことに敏感で且つ刺激を受けやすいことから、仕事を続けることは人によってはハードルが高いと言われています。

ここでは、エンパスが長く働ける環境を作るためにはどのような配慮が必要なのかご紹介します。

基本的に定時で帰らせる

エンパスは、長時間の残業をすると体調を崩しやすいため基本的には定時で帰らせるといいでしょう。

1日のうちに一人の時間を確保し、そこでうまくエネルギーの調整を行うエンパスにとって職場での長時間残業はストレスでしかありません。

体調を崩して退職といったことにならないためにも、残業ゼロを目指して職場の環境づくりに取り組むことが望ましいです。

コミュニケーションの場に参加することを強制しない

エンパスは、普段から人に接することで多くの感情やエネルギーを吸収しているため、見た目は元気そうに見えても実は心身共に疲れていることが多いです。

職場環境の向上や人間関係の構築を図るために、食事会や宴会を開くこと自体は問題ありませんが、エンパスの人に参加を強制することは避けます。

無理矢理参加させても、余計に疲れてしまい体調を崩してしまうだけです。

ただし、エンパスについて理解が乏しい人はどこの職場にもいるため、わかりやすくエンパスにだけ「参加しなくていいよ」という姿勢はトラブルを招く可能性もあるため避けましょう。

周りに変な気を遣わせないためにも、食事会や宴会は「自由参加」にするといいでしょう。

エンパスを理解し仕事を続けやすい職場づくりに取り組もう

今回は、エンパスとはなにかを向いてる仕事と共に紹介しました。

エンパスは日々の生活を送るなかで、さまざまな人の感情やエネルギーを吸収しやすい特性があるため、疲れやすくストレスも溜まりやすいと言えます。

仕事を探す際は仕事内容や勤務形態、職場環境などさまざまな点に注意して選ぶ必要があります。

エンパスが長く仕事を続けられるようにするためには、職場そのものがエンパスについて正しく理解し環境づくりに協力する姿勢が欠かせません。

今回紹介した内容が、少しでも多くの人に届き役立てられれば幸いです。

-働き方, 向いている仕事
-, , , , , , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.