向いている仕事

縁の下の力持ちに向いてる仕事を紹介!性格の特徴も解説

皆さんは今までの人生の中で多くの人に支えられてきたと思います。支えてくれた人がいるから今の自分がいると思っている人もいるのではないでしょうか。

社会の組織においても、支える人いわゆる縁の下の力持ちは必要不可欠な存在です。

そこで、今回は縁の下の力持ちに向いてる仕事を紹介します。縁の下の力持ちは様々な職種で活躍します。

性格の特徴も解説していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

繊細さん向いている仕事を紹介!性格の特徴も解説

「私はどんな仕事が合っているのか」と悩んでいる人に向けて今回は繊細さんに向いている仕事を解説します。 繊細さんは業務が丁寧でミスが少ない、共感性が高いことから社会で貴重な人材であらゆる職場で活躍が期待 ...

続きを見る

水瓶座の向いてる仕事を紹介!性格の特徴も解説

皆さんは少しは占いの結果を意識して行動することがあるかと思います。 多くの種類がある占いの中で今回は星座の水瓶座に着目してみました。 星座から向いてる仕事を判断することができるので仕事の選びの参考にし ...

続きを見る

縁の下の力持ちの特徴

縁の下の力持ちの特徴を示した画像

縁の下の力持ちの特徴は以下があります。

  • 努力を続けることができる
  • 目立とうとしない
  • 気配りができる
  • 人をサポートすることができる
  • 自分からは意見をいわない

特徴①:努力を続けることができる

縁の下の力持ちは組織をよくするために努力を続けることができます。

強い精神力がないと継続することはできないので大きな長所と言えるでしょう。

特徴②:目立とうとしない

縁の下の力持ちは承認欲求はなく目立とうとはしないです。

嫉妬心はないので肩書き、他人からの評価を気にすることもないので淡々と業務をこなすことができるでしょう。

特徴③:気配りができる

縁の下の力持ちは視野が広いのでいろんなことに気付けることができます。

自分以外の同僚、後輩にも目を向けマネジメントの適性があります。

人の表情から心境を読み取ることができるので信頼される人材になることができるでしょう。

特徴④:人をサポートする

縁の下の力持ちはリーダーを支える貴重な存在になることができます。

組織は攻撃と防御を考える必要があります。そこで縁の下の力持ちはリスク管理などの防御を考えることができるでしょう。

リーダーに評価されてNo2の存在になれる可能性もあるでしょう。

特徴⑤:自分から意見を言わない

縁の下の力持ちは周りの人が優先と考えているので自分からあまり意見を言わない傾向があります。

内に秘めているものを言いたくないこともわかりますが、状況によっては意見を言わないことで周りに流され悪い結果になるので注意が必要です。

【8選】縁の下の力持ちに向いてる仕事

縁の下の力持ちに向いてる仕事を示した画像

以下で縁の下の力持ちに向いてる仕事を紹介します。

向いてる仕事①:ブライダル

ブライダルは新郎新婦が主役なるのでそれをサポートする仕事が中心になります。

衣装、司会、打ち合わせまで業務の幅は広いでしょう。

やりがいとしては一生に一度のイベントに関わることができて成功をおさめたら大きな達成感を得られる点、身近に幸せを感じることができる点だと考えます。

ブライダルの仕事は資格が必要な場合があります。資格取得のサポートがしっかりしているユーキャンがおすすめです。

ぜひ試してみてくださいね。

向いてる仕事②:広告関係

広告関係の仕事はキラキラしたイメージがあると思いますが、意外と地味な作業が多いです。

広告の効果を数字で判断したり、相手に伝わりやすいデザイン、文章を考えたりと業務は様々です。

相手のことを1番に考えて業務を行う仕事で縁の下の力持ちに向いてる仕事と言えるでしょう。

広告関係の転職は業界1の実績があるリクルートエージェントがおすすめです。

向いてる仕事③:公認会計士

公認会計士とは一言で言うと「会計監査のプロフェッショナル」です。会計のない会社は存在しません。

その会計に携わる資格の中で、公認会計士は最高峰に位置するため資格の難易度が高いです。

仕事内容は独占業務の財務諸表監査をはじめ、財務・経理、株式公開支援、会計コンサルティングなど多岐にわたります。

会計の知識だけでなく相手のことを気遣うことも必要な職種なので縁の下の力持ちに適性があるといえるでしょう。

公認会計士の資格は独学で所得するのは難しいのでセミナーに通うことをお勧めします。

TACは公認会計士を何人も生み出していて合格のノウハウがあります。興味がある人は公式サイトを覗きに行ってみてはいかがでしょうか。

向いてる仕事④:カウンセラー

カウンセラーとは相手の悩みを聞いて解決する仕事で相談内容としては心理学、美容など様々でしょう。

どちらにしても相手い寄り添う共感性が大事と考えられます。

やりがいは相手の悩みを解決して感謝を伝えられた時でしょう。

向いてる仕事⑤:総務

総務とは会社運営をスムーズにすること、社員が気持ち良く働けるよう環境を整備することです。

備品管理や施設管理のほか、福利厚生の整備や社内イベント企画、各種書類の作成・管理など、会社全体の幅広い業務に携わるのが特徴でしょう。

どうすれば社員が働きやすいか、どうすれば会社が成長するかを考えて行動する必要があります。

総務は転職エージェントで知名度のあるマイナビがおすすめです。扱っている企業が多いので視野を広げることができます。

向いてる仕事⑥:人事

人事とは企業その他の団体・組織における職員の処遇などの決定に関する業務のことを指します。

人事は就活生にとっては初めに会う人で印象が大切だと考えます。

面接においては就活生のことを考えて接することでいい印象を与え、優秀な人材が集まります。

ここから、コミュニケーション能力や分析力は必要不可欠と言えるでしょう。

会社を成長させるために優秀な人材を獲得したいという方は検討してみてはいかがですか。

向いてる仕事⑦:コンサルタント

コンサルタントとは企業の課題を専門的な知識を用いてアドバイスをする仕事です。

気配りができる視野の広い縁の下の力持ちは問題点も発見することができて、アドバイスも多くの案を提示することが考えられます。

コンサルタントの扱う課題は経営面からシステム面まで幅広いです。

その企業によって得意分野があるので自分の興味のある、知識を生かせるところを選ぶ必要があるでしょう。

コンサルタントはレベルが高いのでハイレベルな企業、外資系を目指している方はエンワールドを活用してみてください。

年収1,000万円を超えることも可能でしょう。

向いてる仕事⑧:プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアの提案した内容に沿ってコードを打つ仕事です。

世の中のサービスはプログラマーによってできてると考えたらプログラマーは経済を支える重要な存在だと言えますね。

プログラマーをはじめとしたIT業界は常に新しい技術ができて勉強し続ける必要があります。

努力を続けることが縁の下の力持ちに向いてる仕事と言えるでしょう。

IT人材は人手不足で今後も需要がある業界です。給料も平均よりもいいので魅力的だと考えます。

プログラマーに興味がある人はまず以下の本を紹介します。初心者向けなので挑戦しやすいと思います。


IT業界自体に興味がある方はITパスポートの資格を取ることはいかがでしょうか。

ITパスポートはITの知識では一番難易度の低い資格となっており、勉強時間は100~150時間かかり、2か月で取得できます。

独学でも勉強できるので以下を参考にしてみてくださいね。

【まとめ】縁の下の力持ちに向いてる仕事は幅広くある

今回は縁の下の力持ちに向いてる仕事を紹介しました。

どの組織においても縁の下の力持ちは活躍できることがわかりました。

強みを理解して面接で話すことができると優良企業で働くことができます。

転職エージェントを活用したり資格を取得したりすることでキャリアプランを広げることができるので活用してみてくださいね。

ぜひこの記事を仕事選びの参考にしてみてください!

-向いている仕事
-, , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.