向いている仕事

ネガティブに向いてる仕事を紹介!長所を含めた性格の特徴も解説

ネガティブは失敗したくないという思いから、リスクマネジメントに優れており正確さを求めた仕事では能力を発揮することができます。

ネガティブはHSPである可能性もあるため性格を理解しておくことで適性があった仕事を見つけることができるでしょう。

この記事ではネガティブの特徴からネガティブに合っている仕事環境を解説しているのでぜひ最後まで読んでみてください。

NEFFY(ネフィー)『もちねば炭酸シャンプー』で若見えに?魅力や口コミも紹介と書かれた画像
Neffy(ネフィー)『もちねば炭酸シャンプー』で若見えに?魅力や口コミも紹介

みなさんはシャンプー、何を使っていますか。 もし、今使っているシャンプーに満足できていない場合は、使うだけで若見えが狙えると話題のあるシャンプーに切り替えてみるといいかもしれません。 今回紹介するシャ ...

続きを見る

【10選】左利きに向いてる仕事を紹介!性格の特徴も解説

左利きの人は希少価値が高いことが知られており人口の約10%に該当します。左利きの人は右脳派であり、右利きの人とは違い優れている部分が多くあります。 そこで今回は右脳派である左利きの人に向いてる仕事を紹 ...

続きを見る

ネガティブに向いてる仕事環境の条件

ネガティブに向いてる仕事の条件を表した画像

ネガティブに向いてる仕事環境の条件は以下の通りです。

向いてる仕事環境①:決まった流れが多い

ネガティブは決まった流れが多いイレギュラーことが無い職場がおすすめです。

ネガティブは心配性で確実に業務を1つ1つこなします。決まった流れがあるとより確実性が増しメンタルも安定するでしょう。

そこにイレギュラーな案件が入ったりすると混乱を起こしやすくなり能力を最大限に発揮することは難しくなります。

向いてる仕事環境②:あまり人と関わりがない

ネガティブは関わる人が多いと気を遣う場面が多くなり精神的に疲れることが考えられます。

そこであまり人と関わらない仕事環境を選ぶと自分のことに集中すればいいのでメンタル面も安定して働く満足度はあがるでしょう。

向いてる仕事環境③:競争やノルマが無い

ネガティブは競争やノルマが無い環境をお勧めします。競争に勝つこと、ノルマを達成するためにはスピードが求められます。

ネガティブは業務を丁寧に行うためスピードは遅いので結果を出すことができなくなる可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

ネガティブに向いてる仕事

ネガティブに向いてる仕事をリスト化した画像

ネガティブに向いてる仕事は以下の通りです。

・エンジニア系

・クリエイティブ系

・動物や植物系

・在宅ワークやフリーランス

・同じ作業系

・あまり人と関わらない系

向いてる仕事①:エンジニア系

ネガティブは正確に業務をこなすことができるのでコードを書くのに失敗が許されないプログラマーをはじめとしたエンジニア系が向いてます。

1人の時間も多いので自分のことだけを考えることができます。

ただ、エンジニア系の仕事でもSIer系の仕事の場合は1人の時間よりは顧客の課題をヒアリングしたりグループで活動することがあり、関わる人が多いうえある程度のスピード感が求められるので注意が必要です。

向いてる仕事②:クリエイティブ系

ネガティブは心配性でいろんなところに気づくことができるので感受性を生かしたクリエイティブ系でも能力を発揮することができます。

話すことが苦手な人でも写真やデザインで表現することができます。

クリエイティブ系の仕事は資格がいるわけでもないので取り組みやすいことに加え、需要も高まってきているのでぜひ挑戦してはいかがですか。

向いてる仕事③:動物や植物系

ネガティブは繊細なことにも気付けるのでコミュニケーションの取れない動物や植物系の仕事の適性があると考えられます。

人と関わる機会は少ないのでストレスを抱えることも少なく、逆に癒されるかもしれませんね。

向いてる仕事④:在宅ワークやフリーランス

ネガティブは人の目を気にしなくて働くことができる在宅ワークやフリーランスがおすすめです。

コロナウイルスの影響で在宅ワークが推進されて以前よりは実現しやすくなってきました。

ライターや動画編集は需要が高まってきてるのでスキルを身に付けて家で仕事をしてみるのもいいかもしれません。

向いてる仕事⑤:同じ作業が多い

ネガティブは失敗の少ない同じ作業が多い仕事がおすすめです。

具体的には工場勤務やデータ入力が挙げられます。

また、ネガティブは努力を続けることができる面もあるので作業に飽きずに続けることができるでしょう。

向いてる仕事⑥:あまり人と関わらない系

ネガティブは気を使いすぎてストレスが溜まる傾向があるのであまり人と関わらない仕事もおすすめです。

具体的には新聞配達、警備員が挙げられます。

人のことは気にしなくて自分のことを中心に考えれば良いのでストレスは溜まりにくいでしょう。

向いていない仕事①:営業

ネガティブは競争、ノルマがあり多くのコミュニケーションが必要な営業は向いていないと考えられます。

居心地が悪く、長く働くことができない可能性があります。

向いていない仕事②:変化が激しい業界

ネガティブはスピードが求められる変化が激しい業界には向いていません。

一般的にはIT業界や広告業界はトレンドの入れ替わりが激しい業界だと言われています。

ネガティブにとっては負担が大きくなると考えられます。

ネガティブの特徴

ネガティブの特徴を表した画像

ネガティブの中にはHSPである可能性があります。

HSPとは、生まれつき非常に感受性が強く敏感な気質もった人という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。

HSP特徴としては以下が挙げられます。

  • 物事を深く考えやすい
  • 過剰な刺激を受けやすい
  • 疲れやすい
  • 常に悲観的に考える
  • 共感性が高い

HSPの人は人口の約5人に1人の割合で当てはまる性格です。

自分の性格を理解しておくことでストレス軽減にもつながるので自己分析してみてください。

ネガティブの長所と短所

ネガティブの長所と短所をリスト化した画像

ネガティブの長所と短所を紹介します。

ネガティブの長所①:リスクマネジメント能力が高い

ネガティブは失敗を避けるリスクマネジメントに優れています。行動する際に計画を立てて慎重になるので正確さを求められる仕事では能力を発揮することができるでしょう。

また、縁の下の力持ちの役割を果たすこともできます。行動力のあるリーダーを支える存在になることで攻撃と守備のバランスを取ることができる重要な人材です。

ネガティブの長所②:努力ができる

ネガティブは心配性なことから細かいところまで配慮して努力して結果を残すことができます。

業務に飽きることも少ないのでこの努力できる継続力は長所といえます。

ネガティブの長所③:責任感がある

ネガティブは責任感があります。ミスを防ぎたい思いからしっかりと最後まで働くことができます。そこから、信頼度が上がり役職が上がることも考えられます。

当たり前のことかと思われるかもしれませんが責任感が無くて業務を適当にする人もいるので立派な長所と言えます。

ネガティブの短所①:行動が遅い

ネガティブは行動が遅くなりがちです。細かいところまでみて完璧主義を求めようとするのでスピードを求められる場面では気を付けたほうが良いでしょう。

改善策としては8割の出来でやってみるなど状況によっては少し肩の力を抜いて取り組んでみるのもいいかもしれませんね。

ネガティブの短所②:周りの雰囲気を悪くする

ネガティブな発言により士気が上がっていた現場の雰囲気を悪くしてしまうことがあるので気を付けましょう。

物事を1つの側面から見るのではなくて多方面から見ることによって、ポジティブ要素が見つかることもあるので頭の片隅入れて実践してみるといいと考えます。

【まとめ】ネガティブの向いてる仕事はたくさんある

今回はネガティブに向いてる仕事について解説しました。

ネガティブの長所は業務を責任を持って行うことができる点など多くあります。その長所を生かした仕事も多いことがわかりました。

ネガティブはHSPである可能性が高いため自分の性格を理解することで仕事選びの選択にもつながります。

この記事を読んでぜひ仕事選びの参考にしてみてください!

-向いている仕事
-, , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.