向いている仕事

高校生に向いてる仕事を紹介!成功する人の特徴も解説

高卒で就職するか、大学に進学するかは人生の大きな岐路と言っても過言ではないでしょう。

どちらを選択してもメリット、デメリットは存在します。

そこで今回は高校生に向いてる仕事を紹介します。少し前までの時代を比べては実力主義で学歴が関係しない傾向も徐々に出てきています。

この記事を読んで、後悔のない選択ができるようになればうれしいです。

高卒のメリットとデメリット

高卒のメリットとデメリットを表した画像

以下で高卒のメリットとデメリットを紹介します。

メリット①:早くから社会人経験を積める

早くから社会に出て、ビジネスマナーを学び社会人と触れ合うことのできる点は大学生では味わうことができないでしょう。

学生は先生から評価を受けるのに対し、社会人は上司から評価を得ます。先生とは人間関係の構築に努めなくてよいですが、上司との人付き合いは一生の財産になる可能性もあります。

大卒が新入社員で入社してくる頃は高卒は社会人5年目になります。学歴が関係ない職場だと高卒の方が立場が上になることができます。

メリット②:結婚も視野に入れることができる

高卒の人は結婚が早いイメージがあります。大学に進学した人はまだ責任を持つことは難しいですが、高卒の人は立派な社会人なので結婚の選択肢も出てくるでしょう。

親から自立するという面では一人暮らしを経験することもできます。

一人暮らしは実家暮らしでは味わうことのできない自由を手に入れれるので興味がある人もいるのではないでしょうか。

メリット③:大学の学費がかからない

一般的に大学の学費は私立文系は約400万円、私立理系は約550万円で、国公立大学では約250万円かかるといわれています。

そこに一人暮らしの家賃を加えるとさらに費用がかかります。

奨学金を借りて社会人でローンを組む人もいるのでそういったローンで苦しくなることはないでしょう。

デメリット①:生涯賃金が低い

一般的に大卒と高卒では生涯賃金が変わります。

定年まで働くことを考えると約3,000万円の差が生まれます。

ただ、これは年功序列の会社の場合です。経済の変化や実力主義の会社だと変わってくるので一つの指標としてとらえましょう。

デメリット②:就職や転職の幅が狭くなる

大卒でないと就職できない仕事があるのは事実です。

医師などの難関資格がいる場合や研究職で大学院まで進学しなければならない場合があるので、そこを目指している人は高卒ではなることができません。

デメリット③:自由がない

社会人になると基本的に週5日、1日8時間仕事をして高校生の時よりは自由な時間が減るでしょう。

大学生はサークル、アルバイトや留学など自由な時間が多いです。SNSでそのような自由な時間を過ごしていることに嫉妬してしまう可能があります。

【7選】高校生に向いてる仕事

高校生に向いてる仕事を表した画像

高校生に向いてる仕事の特徴は学歴が関係しない仕事、人手不足な仕事です。具体的には以下の仕事が挙げられます。

  • 公務員
  • 建築関係
  • IT業界
  • 飲食
  • アパレル
  • 警備員
  • 芸能やインフルエンサー

向いてる仕事①:公務員

公務員は学歴に関係なく、公務員試験に合格すれば、公務員として働くことができます。

公務員は安定している職業の代表格で、雇用や収入、複利厚生などあらゆる面で安定を誇っています。

高卒でなれる職種は消防官、警察官、学校事務、行政事務などがあります。

向いてる仕事②:建築関係

体力に自信がある人、給与の高いことを望んでいる人は建築関係の現場の仕事をお勧めします。

最初は雑務が多いと思いますが、そのうち現場監督などの立場が上の仕事に就くことができます。

向いてる仕事③:IT業界

IT業界は学歴が無くてもスキルがあれば働くことができる会社が存在します。

IT業界は経済のトレンドであり今後も成長することが見込まれています。一方で、人手不足である問題点があるので働くチャンスは大いにあります。

未経験でもITスキルを学びたい人にはDMMのWEBCAMPがおすすめです。

WEBCAMPはIT経験がない人にもスキルを身に付けることができるプログラムが組まれています。

また、隙間時間でも学べることができるので手軽に始めることができます。

ITスキルを学びたい人へ

WEBCAMP

未経験者多数

充実したサポート

隙間時間で学べる

向いてる仕事④:飲食業界

飲食業界は学歴があまり必要ありません。働き方としては休みはシフト性が多いため不規則でしょう。給与は平均よりも高い傾向があります。

食事補助が付いている場合もあるため食費のコストを少なくすることもできます。

会社の規模が大きくなると転勤があるため、いろんな地域で働いてみたい方、食に携わりたい方にはお勧めです。

向いてる仕事⑤:アパレル業界

アパレル業界も飲食業界と同様に学歴は必要なく、休みは不規則でしょう。

ファッションに興味のある方、相手の悩みを聞くことができる聞き上手な方なんかは適性がある仕事だと考えます。

ジョブトラストは高校生の就職を応援する就職サイトです。高卒の人でも働くことができる求人が多くあるのでぜひ公式サイトをのぞいてみてくださいね。

高卒で就職を目指す人へ

ジョブドラフト

高校生に特化したサイト

高校生の就活サイト人気No1

利用満足度No1

ジョブドラフトのロゴを表した画像

向いてる仕事⑥:警備員

警備員には警備会社に入社して、各現場に派遣されるタイプと企業に直接警備員として正社員になるタイプがあります。

常に危険と隣合わせの仕事があることから責任感は重要になってくるでしょう。

イベントで仕事できる際に運がよかったら有名人に会えることができるかもしれませんよ。

向いてる仕事⑦:芸能やインフルエンサー

これらの仕事はセンスが問われる仕事で高卒で活躍している人も多くあります。

YouTuberは社会的信用も徐々に認められてきて、なりたい仕事ランキングでは常に上位を獲得しています。

好きなことを仕事にしたい人はこれらの仕事を目指してみるのもいかがでしょうか。

もっと仕事を探したい人へ

もっとどんな仕事があるか探したい人にはハタラクティブを紹介します。

ハタラクティブは正社員経験の無い方や短期離職した若い世代の支援に特化しているため、学歴や職歴に関係なく利用できる点は大きな魅力と言えます。

もっと選択肢を広げたい人へ

ハタラクティブ

20代中心

第2新卒、未経験対応

安心のマンツーマンサポート

ハタラクティブのロゴを表した画像

成功する高校生の特徴

成功する高校生の特徴を表した画像

成功する高校生の特徴を紹介します。

特徴①:向上心がある人

何か人の指示が無いと動かない人よりは自分から積極的に行動する人の方が成長するでしょう。

将来達成したい目標がある人は向上心を持って行動することができるので活躍が期待できます。

特徴②:コミュニケーション能力が高い

高校生が働く仕事は単純なものが多いので差をつけるとしたらコミュニケーション能力でしょう。

コミュニケーション能力を高くすることができたら相手の悩みを解決する仕事上でも役立ちますし、人間関係構築にも役立つので損することはないでしょう。

コミュニケーション能力を上げたい人にはこの本がおすすめです。

この本は世界基準のコミュ力の基本を知ることができます。本書の「文章」「プレゼン」「会話」「質問」「情報収集」の5つの章を読むことができたら結果に結びつけることができるでしょう。

【まとめ】徐々に高校生でも活躍できる仕事は増えてきている

今回は高校生に向いてる仕事を紹介しました。

時代的背景から年功序列から実力主義に変わりつつあるので学歴が関係ない仕事も増えてきています。

IT業界なんかはスキルさえあれば働くことができるのでスキルが重要ということがわかりました。

高卒か大学進学の選択は人生の大きな選択の1つだと考えます。この記事がその選択の参考になるとうれしいです。

-向いている仕事
-, , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.