パーソナリティ障害の人に向いてる仕事を紹介!原因や特徴も解説!に関する画像

向いている仕事

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事を紹介!原因や特徴も解説!

パーソナリティ障害の自分に向いてる仕事があるのかわからない
パーソナリティ障害についてもっと深く理解したい

パーソナリティ障害の人が仕事を探す際に、このような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。パーソナリティ障害は、自分を苦しめることもあるため、辛い思いをしている方もいるかもしれません。

また、以前は性格障害とも呼ばれていましたが、性格が異常と勘違いされるためそのような呼び方はされなくなりました。パーソナリティ障害は、ネガティブな意味にとらわれがちですが、向いてる仕事も存在します。

ここでは、パーソナリティ障害の人に向いてる仕事や特徴、原因について詳しく解説していきます。仕事を探すうえで大切なのは、自分を理解することでしょう。自分の性格に当てはまる方は、ぜひ参考にしてみてください。

パーソナリティ障害とは?

パーソナリティ障害とは?に関する画像

パーソナリティ障害とは、どのようなことを指すのでしょうか。ここでは改めて、パーソナリティ障害について確認していきます。

人にはそれぞれ、物事の考え方や反応の仕方、人との関わり方が異なってくるでしょう。人それぞれ特有のものがあり、それらを統合して「パーソナリティ」と呼びます。

パーソナリティ障害とは、パーソナリティの極端な偏りにより生活に悪影響が出てしまうほど自分が苦痛に感じたり、周囲の人間関係に不具合が起こってしまったりすることです。

パーソナリティの偏りは、人それぞれ有しているものであり、パーソナリティ障害だと本人が気づきにくいことも多いでしょう。また、問題なく生活できているのであれば、パーソナリティ障害だと診断されることはありません。

パーソナリティ障害の種類

パーソナリティ障害の種類に関する画像

パーソナリティ障害には、いくつか種類があります。パーソナリティ障害の種類を理解しておくことで、これからの対策が練れるかもしれません。

ここでは、パーソナリティ障害の種類についていくつか紹介していきます。では早速みていきましょう。

A群パーソナリティ障害

パーソナリティ障害のひとつとして、A群パーソナリティ障害があります。A群パーソナリティ障害とは、周りとは変わった考え方や言動が特徴的で変わっていると感じられる人が多いタイプのパーソナリティ障害です。

また、統合失調症と似たような症状がみられる傾向もあります。自分に問題意識がないため、治療を受けることが少ないタイプでもあるでしょう。A群パーソナリティ障害には、以下の3種類が存在します。

統合失調型パーソナリティ障害

統合型パーソナリティ障害は、A群パーソナリティ障害のひとつです。「スキゾタイパル」とも呼ばれています。明らかな精神病の状態ではありませんが、対人関係や思考障害に問題があることが多いです。

統合失調症と関連性があるとして指摘され、物事の捉え方が奇妙で現実離れしていることが多いといった特徴があります。

妄想性パーソナリティ障害

妄想性パーソナリティ障害は、他者への不信感や疑念感を抱きやすく、自分を正当化しやすい傾向があります。周りでの出来事や他人の行動が、悪意によるものだと考えてしまいがちでしょう。

シゾイドパーソナリティ障害

シゾイドパーソナリティ障害は、他人への興味や関心が薄く、社会への関わりをあまり持とうとしない傾向があります。また、感情を表に出すことが苦手で、孤立してしまうことも多いでしょう。

B群パーソナリティ障害

パーソナリティ障害のひとつとして、B群パーソナリティ障害も挙げられます。感情の起伏が激しく、不安定なタイプが多い傾向があるでしょう。行動も劇的であるため、周りの人が巻き込まれることが多いです。

B群パーソナリティ障害には、以下の4種類が存在します。

反社会性パーソナリティ障害

反社会パーソナリティ障害は、道徳観や倫理観が薄く、問題行動を起こしがちな傾向にあります。また、他者の権利を侵害してしまうような行動をとってしまうこともあるでしょう。

演技性パーソナリティ障害

演技性パーソナリティ障害は、周りの人から注目されたいといった気持ちが強く、他人の注意を引くような行動をしてしまいがちです。また、注目されるために嘘をついたり劇的な行動をしてしまうこともあります。

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害は、自分の感情をコントロールするのが苦手で、他人の良好な関係を築きにくい傾向にあります。また、周囲への依存性が高く、周囲が支えきれなくなると激しい反応をすることもあるでしょう。

自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害は、自分は他人とは違い特別な存在といった思いが強い傾向にあります。周囲から注目と称賛を求めがちで、他人への興味が薄くなりがちでしょう。

C群パーソナリティ障害

C群パーソナリティ障害とは、不安定感が強く、他者へ依存しやすいタイプのことを指します。また、分類不能なパーソナリティ障害も含まれ、日本人に最も多い群のパーソナリティ障害です。

C群パーソナリティ障害にも、以下の3種類が存在します。

依存性パーソナリティ障害

依存性パーソナリティ障害は、自分で物事を判断するのが苦手で、決断を人任せにしてしまいがちな傾向にあります。また、従属的であり他人に依存しやすいでしょう。

回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害は、何か問題が起きた際に問題を解決しようとするのではなく、避けてやり過ごす傾向が多いです。批判を恐れがちなのが特徴的で、他人からの目線に敏感でもあります。

強迫性パーソナリティ障害

強迫性パーソナリティ障害は、完璧主義であり自分が定めたルールや手順に固執している傾向があります。自分の意志が強いため、集団の和を乱してしまうこともあるでしょう。

パーソナリティ障害の人の特徴

パーソナリティ障害の人の特徴に関する画像

パーソナリティ障害の人の特徴には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。自分の特徴を知れば、仕事を探す際に役立つでしょう。また、自分の強みや弱みを知るきっかけにもなるかもしれません。

ここでは、パーソナリティ障害の人の特徴について詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

特徴①考え方が偏りがち

パーソナリティ障害の人の特徴として「考え方が偏りがち」な点が挙げられます。パーソナリティ障害の人は、物事の考え方や捉え方が、周りの人と大きく外れていることが多くあるでしょう。

柔軟な考え方ができずに、他人の価値観や考え方を受け入れられないこともあります。

特徴②対人関係が苦手

対人関係が苦手」な点もパーソナリティ障害の人の特徴です。パーソナリティ障害の人は、自分の考えや行動を他人に理解してもらえないことから、虚しさや苛立ちを感じ問題行動を起こしてしまうこともあります。

そのため、対人関係がスムーズに進まず、逆に溝を深めてしまうこともあるかもしれません。

特徴③臨機応変な対応が苦手

パーソナリティ障害の人の特徴として「臨機応変な対応が苦手」なことも挙げられるでしょう。パーソナリティ障害の人は、いつでも偏った対応をしてしまいがちです。

また、柔軟な考え方も苦手なので、臨機応変に物事に対応できず、トラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

 

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事7選

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事7選に関する画像

実際に、パーソナリティ障害の人に向いてる仕事とはどのような職業が考えられるのでしょうか。パーソナリティ障害は、ネガティブな意味に感じられがちですが向いてる仕事も存在します。

自分の強みや特徴を理解して、仕事を選ぶのが肝心です。ここでは、パーソナリティ障害の人に向いてる仕事を7つ紹介していきます。気になる職業がないか、ぜひ参考にしてみてください。では早速みていきましょう。

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事①イラストレーター

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事として「イラストレーター」が挙げられます。イラストレーターは、雑誌やWebなどで使用されるイラストを描くのが基本的な仕事内容です。

会社に勤めて業務を行うのも可能ですが、フリートして働くこともできます。フリーになれば、人と関わることが少ないので向いてる仕事だと考えられます。

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事②Webライター

Webライター」もパーソナリティ障害の人に向いてる仕事として考えられます。Webライターは、Web上で指定されたテーマに沿って記事を書くのが基本的な仕事内容です。

Webライターは、在宅ワークで仕事を募集していることが多く、人との関わりは少ないでしょう。在宅ワークを行えば、対人関係に不安を抱えてるパーソナリティ障害の人でも、楽にこなすことができます。

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事③エンジニア

エンジニア」もパーソナリティ障害の人に向いてる仕事として挙げられるでしょう。エンジニアとは、工学に関しての専門的知識を有する人のことです。

エンジニアの中でも、システムエンジニアやプログラマーなど様々な種類が存在します。業務は基本的に一人で完結するので、人との関わりが苦手なパーソナリティ障害の人に向いてるでしょう。

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事④清掃員

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事として「清掃員」が考えられます。清掃員は、ビル内や外壁、公共施設などの清掃が基本的な仕事内容です。

業務は一人で行うのがほとんどでしょう。また清掃は、一人で黙々と作業ができます。そのため、他人の目線を気にすることなく一人で仕事をしたい方には特におすすめの仕事です。

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事⑤ドライバー

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事として「ドライバー」が挙げられます。ドライバーは、荷物を安全に指定された場所まで届けるのが基本的な仕事内容です。

荷物の運搬は、基本的に一人で行います。また、運転中は自由に過ごすことができるので、自由度も高いです。そのため、人とあまり関わりたくないパーソナリティ障害の人には特におすすめでしょう。

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事⑥研究職

研究職」もパーソナリティ障害の人に向いてる仕事のひとつです。研究職は、商品化を目指して知識をもとに、新しい技術や理論を見つけ出すのが基本的な仕事内容でしょう。

企業によっては、結果や期限を求められることもあります。しかし、基本的に自分のペースで仕事ができるので、向いてる仕事だと考えられるでしょう。

パーソナリティ障害の人に向いてる仕事⑦動画編集者

最後に、パーソナリティ障害の人に向いてる仕事として「動画編集者」が挙げられるでしょう。動画編集者は、撮影された映像などの素材をパソコンを使用して見やすく編集するのが基本的な仕事内容です。

動画編集者はパソコンを使って業務を行うのがほとんどなので、人との関わりが最小限で済みます。そのため、人とあまり関わらずに仕事がしたい方には特におすすめの仕事です。

 

 

パーソナリティ障害の原因

パーソナリティ障害の原因に関する画像

どうしてパーソナリティ障害になってしまったのだろうか

パーソナリティ障害について、このような悩みを抱えている方もいるでしょう。パーソナリティ障害には、いくつか原因が挙げられます。原因について深く理解すれば、解決策につながるかもしれません。

ここでは、パーソナリティ障害の原因について紹介していきます。では早速みていきましょう。

原因①生まれながら持っている気質

パーソナリティ障害の原因として「生まれながら持っている気質」が考えられます。同じ親から生まれても、兄弟姉妹で性格が異なるのはよくあることでしょう。また、人には生まれた時から気質を持っているとされています。

この気質は、パーソナリティに深く関係し、自分の生活に影響しているでしょう。遺伝的要因があると考えられていますが、現在は研究途上になっている状況です。

原因②家庭環境

家庭環境」もパーソナリティ障害の原因として挙げられるでしょう。家庭環境や家族との関係は、パーソナリティの形成に大きな影響があるとされています。

そのため、適切な教育環境ではない場合や、親の子供に対する態度が劣悪であった場合などにパーソナリティ障害になりやすいでしょう。

原因③社会的要因

パーソナリティ障害の原因として「社会的要因」も考えられるでしょう。人は成長していく過程で、社会に出て様々なコミュニティに属していきます。

その中で、様々なことを経験し、その経験が自分のパーソナリティを形成していくでしょう。経験の中に、犯罪被害や事故や、病気などがあった際には、パーソナリティ障害に陥りやすい傾向にあります。

パーソナリティ障害の人へ向けての就職支援

パーソナリティ障害の人へ向けての就職支援に関する画像

日本では、就職に苦難している方へ向けての就職支援が存在します。パーソナリティ障害の人も、就職支援を有効に活用すれば、少ない苦労で仕事が見つかるかもしれません。

ここでは、パーソナリティ障害の人へ向けての就職支援についていくつか紹介していきます。では早速みていきましょう。

ハローワーク

ハローワークは、全国に5000箇所以上存在し、就職困難者のセーフティネットとして厚生労働省が設置しました。

ハローワークでは、求職情報や就職後のサポートを受けることができます。また、障害者枠求人のほか、一般人枠の求人も充実しているので安心して活用できるでしょう。

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は、65歳未満で一般就職を目指している障害者の方へ向けて就職支援を行なっている福祉サービスのひとつです。

利用者はパソコントレーニングやビジネスマナーなどを学ぶことができます。また、就労移行支援事業所は見学や事前相談など、自分に合うかどうか試すこともできるのでおすすめです。

自治体の相談窓口

自治体では、自立のために必要な援助を受けられるように専用窓口を設置しています。相談料は無料なので、何から始めるべきなのかと悩んでいる方は、相談してみるのもおすすめです。

相談窓口を設置している場所は、自治体の福祉担当部署やNPO法人などさまざまで、自分の住んでいる都道府県で異なるので注意しておきましょう。

まとめ

ここまで、パーソナリティ障害の人の特徴や向いてる仕事、原因について詳しく解説してきました。パーソナリティ障害には様々な種類があり、どの郡のパーソナリティ障害に属しているかによって対応は変わってくるでしょう。

また、パーソナリティ障害の原因にも人によって異なってくるので、適切な処置ができるよう医療従事者に尋ねてみるのもおすすめです。

パーソナリティ障害は、ネガティブな意味にとらわれがちですが、紹介してきたように向いてる仕事も存在します。仕事を探す際には、自分は何が好みでどんな強みがあるのかを理解するのが肝心でしょう。

どうしても仕事を探す際に困った際には、自治体の相談窓口やハローワークに頼るのもひとつの方法です。

-向いている仕事

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.