向いている仕事

睡眠障害に向いてる仕事を紹介!

睡眠障害のある方は、「怠けている、やる気がない」と勘違いされたり、度重なるミスにより職場に居づらくなったりすることで悩むこともあるでしょう。

今の仕事環境が嫌で転職を考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は睡眠障害に向いている仕事を紹介します。環境を変えることで働きやすさが変化すると思います。

転職エージェントの紹介もしているので最後まで読んで悩みを解決しましょう!

睡眠障害とは

睡眠障害とはを表した画像

睡眠障害とは睡眠に何らかの問題がある状態のことです。睡眠は心身の回復、記憶の定着、免疫機能を強化する働きがあります。

睡眠が障害されると日中の活動へ支障をきたし、心身の健康に影響します。また、日中にみられる睡眠障害の症状から事故につながることや、生活習慣病やうつ病のリスクも高くなることがあります。

引用元:健康長寿ネット

睡眠障害の種類は不眠症、過眠症、ナルコレプシーなど様々あり理解しておくことが必要です。

睡眠障害の治療法

睡眠障害の治療法は基本的には生活習慣を変える、睡眠環境を変える必要があります。

適度な運動、バランスの良い食事、過度な喫煙や飲酒は控えるようにしましょう。

睡眠環境を変えるためにはマットレス、枕を変えることをお勧めします。

ブレインスリープは、「睡眠革命で脱・睡眠負債」をキーワードに、「最高の睡眠」を実現することを掲げています。スタンダード式の睡眠とも言われています。

医学的に判明されている人が質の良い睡眠をとるために開発されたマットレス、枕を利用して快適な睡眠を送りましょう。

マットレスの特徴としてはかかとの部分が少し上がっており、リラックスした状態を常に保つことができます。

枕は選択可能なので清潔面を気にされている方にもおすすめの商品になっています。

快適な睡眠を求めている人へ

ブレインスリープ

スタフォード式の睡眠

5感が研ぎ澄まさてて満足する

洗濯できて清潔感を保てる

株式会社ブレインスリープ のロゴを示した画像

睡眠障害に向いてる仕事の環境

睡眠障害に向いてる仕事環境

睡眠障害が向いてる仕事の環境は以下の通りです。

  • 在宅ワークができる
  • 人間関係が良い
  • 福利厚生が整っている
  • 決まった時間に仕事できる

向いてる仕事環境①:在宅ワークができる

睡眠障害は自分のタイミングで休憩できる環境がいいでしょう。

在宅ワークであれば好きなタイミングで飲み物を飲めて、リフレッシュ可能です。

案件を早く済ますことができたら仮眠をとれるかもしれませんね。

また、在宅ワークであれば通勤時間を考えなくてよいので睡眠時間の確保につながります。

向いてる仕事環境②:人間関係が良い

睡眠障害はストレスをため込むのは良くないです。

職場の人間関係が良いかどうかは重要な要素です。相談ができず1人で仕事を抱え込むことや、常に周りの人たちの顔色うかがいストレスをためることは、症状の悪化につながります。

仮に急に休んだとしてもカバーしてくれるアットホームな会社がいいかもしれませんね。

睡眠障害に理解がある人が多い職場だと働きやすいでしょう。

向いてる仕事環境③:福利厚生が整っている

睡眠障害は症状が出たらすぐに対応できる環境がいいでしょう。

会社内に診断してくれる医者がいたり、昼寝時間や休憩スペースが充実していると安心ですね。

他にも診断書を出すと一定の休みをもらえる制度もあります。

向いてる仕事環境④:決まった時間に仕事をする

睡眠障害は生活リズムは一定であるほうがいいでしょう。

よって、シフト制の会社、夜勤がある会社などは生活リズムが崩れてしまうので注意が必要です。

会社の勤労条件を確認しよう

会社見学や面接を受ける際に勤労条件を確認しておきましょう。

福利厚生や会社の雰囲気を確認しておくと、働き始めてからのギャップが無いことが予想されます。

担当の人からの話だけではなく、実際に働いている人の声も参考にすると失敗は少ないでしょう。

睡眠障害に向いてる仕事

睡眠障害に向いてる仕事を表した画像

睡眠障害に向いてる仕事は以下のようなものが挙げられます。

  • 在宅ワークができる仕事
  • 残業時間が少ない仕事
  • 事務職

向いてる仕事①:在宅ワークができる仕事

在宅ワークが可能な仕事は以下の通りです。

・エンジニア

・WEBデザイナー

・ライター

・動画編集

どの仕事もパソコン1台あればできる仕事で、市場が伸びてきている業界なのでおすすめです。人不足で悩んでいることもあるので即戦力として期待できます。

スキルを身に付けたらより自由度が高まると考えます。

エンジニアに転職したい人にはレバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリアはIT業界の転職に強いので条件に合った高待遇の企業を見つけれるでしょう。

エンジニアを目指す人へ

レバテックキャリア

IT業界に特化

無料で利用できる

有名企業への転職も可能

レバテックキャリアのロゴを表した画像

WEBデザイナー、ライター、動画編集などはまず副業から始めてみるのもいいかもしれません。

副業で自分に合っていると感じるなら本業にするといいでしょう。

クラウドワークスなら簡単に案件を取ってくることができ、隙間時間で作業を行うことができます。

まず副業から体験してみたい人へ

クラウドワークス

ユーザー数No1

デザインから事務作業まで

自分のタイミングで報酬を受け取れる

クラウドワークスのロゴを表した画像

向いてる仕事②:残業時間が少ない会社

睡眠障害は睡眠を確保したいので残業時間が少なくて、定時で帰ることができる環境がおすすめです。

一般的に化学メーカー、インフラ業界は残業時間が少ない傾向にあります。

どちらの業界も生活の基盤になっていることからこれからもなくならない仕事の1つと言えます。

日常の生活に関わる仕事がしたい方にもおすすめです。

残業時間を少ない会社を探すときはリクルートエージェントがおすすめです。

残業無し、残業OO時間以下と選択すれば希望の会社が見つかることでしょう。

ホワイト企業をお探しの方

リクルートエージェント

求人数業界No1

ホワイト企業多く掲載

専門コンサルタントがサポート

リクルートエージェントの公式サイトの画像

向いてる仕事③:事務職

睡眠障害は比較的ストレスのたまりにくい事務職もお勧めです。

規模が大きい会社になると福利厚生が整っているため、より働き甲斐があることででしょう。

福利厚生が整っているハイクラスな転職を考えている方はビズリーチがおすすめです。

ビズリーチは30代の転職後の平均給与が業界No1である実績を誇っていることからハイクラスな会社への転職も可能になるでしょう。

福利厚生が整っている会社をお探しの人

ビズリーチ

30代、40代向け

転職後の平均給与業界No1

スカウト機能あり

株式会社ビズリーチのロゴを表した画像

睡眠障害が向いていない仕事

睡眠障害に向いてない仕事を表した画像

睡眠障害が向いていない仕事を紹介します。

向いていない仕事①:残業が多い仕事

コンサルタントや飲食店になると残業が多くて睡眠時間が削られる可能性があります。

また、シフト制になると不規則な生活になりがちなので避けたほうが良いです。

向いていない仕事②:競争が激しい仕事

不動産業界、金融業界は競争が激しいイメージがあります。

まずは自分の結果がすべてで、周りを利用して自分がのし上がる風潮があるみたいなのでストレスの溜まる環境になるでしょう。

温厚な人間関係を築きたい方にはおすすめできないです。

【まとめ】睡眠障害は勤務条件をよく考えよう

今回は睡眠障害に向いてる仕事を紹介しました。

睡眠障害はいかに自分が向いてる仕事環境を理解しておくかが重要だと考えます。

働く場所なのか人間関係なのか人によってさまざまです。

この記事を仕事選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

-向いている仕事
-, , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.