働き方 向いている仕事

考えすぎる人に向いてる仕事6選!性格の特徴や働きやすい職場環境を作るコツも解説

考えすぎる人は何をするにも慎重派な人が多いことから、ミスが少なく仕事も丁寧です。

真面目にコツコツと取り組む姿勢は、職場でも高い評価を得ていることが多いんだとか。

今回は、考えすぎる人に向いてる仕事にはどのようなものがあるのかご紹介します。

併せて、性格の特徴や職場での活かし方も解説しますので、新たな人材獲得や配置転換などで悩んでいる採用担当者様はぜひご一読ください。

考えすぎる人に似た特性を持つ方に向いてる仕事が知りたい場合は、以下の記事も参考にするといいでしょう。

エミアブルとは?特徴と向いてる仕事を紹介!組織内での活かし方も解説

エンパスとは?向いてる仕事や長く働ける環境づくりのコツも解説

考えすぎる人に向いてる仕事6選

考えすぎる人に向いてる仕事と書かれた画像

考えすぎる人に向いてる仕事に共通する特徴には、以下のようなものがあります。

  • 一つのことを追求し続けられるもの
  • 人との関わりが少ないもの
  • テキパキとこなさなくてもいいもの

 

「広く浅く多方面の業務に関わる仕事」「不特定多数の人とコミュニケーションを取りながら進める仕事」は、考えすぎる人にとってストレスになりやすいので注意が必要です。

具体的な職種としては、以下のようなものがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • システムエンジニア
  • 経営コンサルタント
  • Webライター
  • イラストレーター
  • 画家
  • 清掃員

 

システムエンジニア

システムエンジニアの仕事は、クライアントからどのようなシステムを作りたいのかヒアリングし、システムづくりの基礎となる設計図を作ることです。

特定の人と関わりつつ、クライアントのニーズを組み込んだシステムを作るにはどうすればいいのか考えながら進める仕事なので、考えすぎる人には向いてる仕事だと言えるでしょう。

経験やスキルを積めば、独立してフリーランスとして活躍することもできます。

経営コンサルタント

経営コンサルタントの仕事は、クライアントの課題解決に向けてコンサルティングサービスを提供することです。

戦略策定や新規事業立案、オペレーション業務の改善など幅広い業務を行います。

評価される経営コンサルタントになるためには、クライアントの企業課題に対して最善なものを提案しなければいけません。

何事も慎重に取り組むことができ、細かいことに気付くことができる考えすぎる人には向いてる仕事だと言えるでしょう。

Webライター

Webライター仕事は、クライアントが依頼する内容に沿った記事を執筆することです。

文章力とリサーチ力が必須となりますが、同じ情報でもライターによって仕上がりが全くことなるため、そこに面白さを感じることができます。

考えすぎる人は日ごろから考える癖が付いているため、文章を考えながら執筆するWebライターの仕事は向いてると言えるでしょう。

イラストレーター

イラストレーターの仕事は、クライアントの要望に沿ってイラストを描く仕事です。

テーマやテイストなどクライアントの要望がハッキリしていることが多いため、ある程度枠組みは決まっています。

うまくオリジナリティや個性をイラスト内に組み込むことができれば、クライアントから高い評価を得ることができるでしょう。

発想力や感性が豊かな人が多いと言われる考えすぎる人には、向いてる仕事だと言えます。

画家

画家の仕事は、自分が決めたテイストやテーマに沿って絵を描くことです。

作品のオリジナリティが評価されれば、一気に売れっ子の画家になれる可能性もゼロではありません。

一つのことを突き詰める特性を持つ考えすぎる人には、向いてる仕事だと言えるでしょう。

清掃員

清掃員の仕事は、決められた場所を掃除して綺麗にすることです。

考えすぎる人は几帳面であるため、清掃員の仕事でも細かい汚れに気付くことができるでしょう。

場合によってはチームで移動することもありますが、高いコミュニケーション能力は求められないため、人と接することに疲れやすい人でも無理なく働くことができます。

考えすぎる人に向いてない仕事3選

考えすぎる人に向いてない仕事6選と書かれた画像

考えすぎる人に向いてない仕事の特徴には、以下のようなものがあります。

  • マニュアルがなく仕事の進め方が明確でないもの
  • マルチタスク能力が求められるもの
  • ノルマや数字に対してシビアなもの

 

考えすぎる人は真面目な人が多く、より高い成果を上げるためにはどうすればいいのか、常に考えながら仕事に取り組んでいます。

そのため、複数の業務を並行して進める環境下に身を置くことや、ノルマや数字に追われる仕事はストレスを溜め込みやすいと言えるでしょう。

考えすぎる人に向いてない仕事には以下のようなものがあります。

  • 営業
  • 総務
  • 経営者

 

いずれも、多くの人と接しながら仕事に取り組む必要があり、時にはスピーディーな判断力が求められる仕事です。

考えてばかりでなかなか行動に移さない、こだわりが強く周りの意見を取り入れることができないといったことが続くと、相手との信頼関係の構築や企業評価に影響が出てしまいます。

失敗したくないという気持ちが強い考えすぎる人には、上記のような仕事は向いていないと言えるでしょう。

考えすぎる人の性格の特徴

考えすぎる人の特徴と書かれた画像

考えすぎる人の性格の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 神経質で細かいことまで気にしてしまう
  • 考え込むことが多く、行動に移すまでに時間がかかる
  • 周りに気を使いすぎるため疲れやすい
  • ストレスを溜め込みやすい
  • 完璧主義である

 

考えすぎる人は、「もっとこうすれば良かった」「なんであの時ミスに気付けなかったんだろう」と、過去の自分の行動を振り返っては自分を責めてしまいやすいため、マイナス思考になりやすい傾向があります。

一見、短所ばかりに見えてしまいますが、考え方を変えれば考えすぎる人は「気が利いて優しい人」なのです

考えすぎる人が働きやすい環境を作るコツ

考えすぎる人が働きやすい環境を作るコツと書かれた画像

考えすぎる人は、コミュニケーションを取ることは得意ではないものの、仕事ぶりは至って丁寧なので職場でも重宝される人材だと言えるでしょう。

ここでは、考えすぎる人の能力を最大限に伸ばすためにはどのような職場環境を用意するといいのかについて解説します。

集中しやすい環境を作る

考えすぎる人は何事もあれこれと考えながら仕事を進めることが多いため、集中しやすい環境をオフィス内に作ることをおすすめします。

パーテーションで空間を仕切ったり、スタンディングデスクを取り入れたりすると効果的です。

人によっては自宅のほうが集中できるという場合もあるため、可能であれば在宅勤務制度を導入することを考えてみてもいいでしょう。

マニュアルを用意する

考えすぎる人は仕事に対して正確さや丁寧さを求める特性があります。

そのため、職場でマニュアルを用意していない、あるいはあっても大雑把なことしか記載していないといった場合は、マニュアルを用意するといいでしょう。

細かい部分まで記載されているマニュアルを新たに用意すれば、考える時間が減るため仕事の効率アップに繋がることが期待できます。

考えすぎる人に向いてる仕事を提案しよう

今回は、考えすぎる人に向いてる仕事や向いていない仕事、性格の特徴、職場で活かす方法をご紹介しました。

考えすぎる人は、一つのことに集中して取り組むことができ、細やかな部分にも気を配ることができる人材です。

うまく組織内で活用することができれば、大きな成果を期待することができるでしょう。

これから考えすぎる人の採用を考えている、あるいは配置転換や人事異動でどうすればいいか悩んでいるといった採用担当者様が、今回紹介した内容を少しでも参考にしていただければ幸いです。

-働き方, 向いている仕事
-, , , , , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.