自己肯定感の低い人に向いてる仕事とは?に関する画像

向いている仕事

自己肯定感が低い人に向いてる仕事とは?高める方法や適職を紹介!

他人の目線や評価を過剰に気にしてしまう
自分に対して否定的になってしまうことが多い

このようなことに当てはまる方はいるでしょうか。これらは「自己肯定感の低さ」が原因かもしれません。自己肯定感が低い人は、自分に自信が持てず、仕事やプライベートに不安が多くある方が多いでしょう。

自己肯定感は、仕事をスムーズに進めるうえでも重要な要素のひとつです。ここでは、自己肯定感が低い人に向いてる仕事や自己肯定感を高める方法などについて詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

自己肯定感とは?

自己肯定感とは?に関する画像

まず、自己肯定感の意味について改めて詳しく理解していきましょう。

自己肯定感とは、その言葉通り「自分を肯定する感覚」のことを指します。他人の目線を気にすることなく、ありのままを自分を受け入れ認めることで生まれる感覚であり、物事を進める原動力になるでしょう。

自己肯定感が低い場合、自分を受け入れられず否定的になってしまうことも多いです。そのため、行動や思考も後ろ向きになってしまうことも少なくはありません。

自己肯定感が低い人の特徴

自己肯定感が低い人の特徴に関する画像

自己肯定感が低い人には、どのような特徴があるのでしょうか。自分の特徴を理解することは、自分を知っていくきっかけにもなります。向いてる仕事を探すことにも、良い影響があるかもしれません。

ここでは、自己肯定感が低い人の特徴について詳しく解説していきます。では早速みてきましょう。

自己肯定感が低い人の特徴①自信がない

自己肯定感が低い人の特徴として「自信がない」ことが挙げられます。自己肯定感が低い人は、自分を認められない傾向にあります。その影響で、自分にも自信がなくなってしまっている可能性があるでしょう。

自分に自信がないと、何かしようと試みても自分には無理だと諦めてしまうことも多くあります。

自己肯定感が低い人の特徴②ネガティブ思考

ネガティブ思考」であることも、自己肯定感が低い人の特徴のひとつです。自己肯定感が低い人は、言動や思考がネガティブになりがちでしょう。

またネガティブ思考の影響で、何事にも消極的になり、仕事だけでなくプライベートにも悪影響が及ぶかもしれません。初めから最悪のことを想定してしまい、本当にうまくいかないことも多いでしょう。

自己肯定感が低い人の特徴③他人と比較しがち

自己肯定感が低い人の特徴として「他人と比較しがち」な点も考えられます。自己肯定感が低い人は、過剰に他人と比べてしまう傾向があるでしょう。

自己成長にもつながる点から、他人と自分を比較するのは悪いことではありません。しかし、自己肯定感が低い人は過剰に他人と比べてしまうので、自己嫌悪に陥ったり劣等感に苦しんだりしてしまうでしょう。

自己肯定感が低い人の特徴④責任感が強い

自己肯定感が低い人の特徴として「責任感が強い」ことも挙げられるでしょう。自己肯定感が低い人は、過剰な自己責任を持っている傾向にあります

責任感があるのは良いことです。しかし、自己肯定感が低い人は責任感が強すぎるがゆえに、自責の念も強くなってしまいます。責任感が強い影響で、自分のせいだと思い込み負の連鎖が起こってしまうかもしれません。

自己肯定感が低い人の特徴⑤過去にトラウマがある

過去にトラウマがある」ことも、自己肯定感が低い人の特徴として考えられるでしょう。過去に大きな失敗をしたり、ひどく怒られたりした経験から自己肯定感が低くなってしまった方も少なくはありません。

過去の失敗経験や自尊心を傷つけられた影響で、自分の価値観や考え方を悪い方向に変えてしまった可能性もあるでしょう。したがって、過去にトラウマを抱えている方の中には、自己肯定感が低い人が多くみられます。

自己肯定感が低い人に向いてる仕事5選

自己肯定感が低い人に向いてる仕事5選に関する画像

実際に、自己肯定感が低い人に向いてる仕事とはどのような職種があるのでしょうか。ここでは、自己肯定感が低い人に向いてる仕事を5つ紹介していきます。自分に合った仕事がないか、ぜひ参考にしてみてください。では早速みていきましょう。

自己肯定感が低い人に向いてる仕事①ITエンジニア

自己肯定感が低い人に向いてる仕事として「ITエンジニア」が挙げられます。ITエンジニアは、IT技術者の総称のことです。システムエンジニアやプログラマーがITエンジニアにあたります。

ITエンジニアは、コンピュータを相手に仕事をするのがほとんどでしょう。したがって、自己肯定感が低い人の中でも、対人関係に不安がある方には特におすすめです。

自己肯定感が低い人に向いてる仕事②心理カウンセラー

心理カウンセラー」も自己肯定感が低い人に向いてる仕事として考えられます。心理カウンセラーとは、人間関係の不安やストレスをかけている人に対し、心理学とカウンセリングの技術を用いて改善へと導く仕事をしているのことです。

自己肯定感が低い人は、他人の感情にも敏感な傾向にあります。そのため、相手に寄り添うことができるので心理カウンセラーの仕事も向いてると考えられるでしょう。

自己肯定感が低い人に向いてる仕事③トリマー

トリマー」も自己肯定感が低い人に向いてる仕事のひとつです。トリマーは、トリミングをする人のことで主に犬や猫の美容師を指します。

自己肯定感の低い人は、共感能力が高い傾向にありますが、それは人に限ったものではなく動物にも当てはまるでしょう。したがって動物と向き合うトリマーの仕事も向いてると考えられます。

自己肯定感が低い人に向いてる仕事④工場のライン作業員

自己肯定感が低い人に向いてる仕事として「工場のライン作業員」が挙げられるでしょう。工場のライン作業員は、ベルトコンベアに流れている製品を加工・梱包する人のことを指します。

工場のライン作業は、細かい作業が多いでしょう。自己肯定感が低い人は、些細なことまで気を配る傾向にあるので、向いてる仕事だと考えられます。

自己肯定感が低い人に向いてる仕事⑤デザイナー

最後に「デザイナー」も自己肯定感が低い人に向いてる仕事だと考えられます。デザイナーは、雑誌書籍の表紙やポスター、レイアウトなど様々なもののデザインを手がけるのが基本的な仕事内容でしょう。

自己肯定感が低い人は、感受性が豊かな傾向にあります。したがって、自己肯定感が低い人の中でも感受性が豊かで芸術的なものを好む方は、特におすすめの仕事です。

自己肯定感が低い人が向いてる仕事を探すコツ

自己肯定感が低い人が向いてる仕事を探すコツに関する画像

自分に向いてる仕事を選んだ方が、自分にとっても会社にとっても利益が多いと考えられるでしょう。向いてる仕事のコツを押さえておけば、効率的に仕事を探し出せるかもしれません。

ここでは、自己肯定感が低い人が向いてる仕事を探すコツについて詳しく紹介していきます。では早速みていきましょう。

自己分析をして強みを理解する

自己肯定感が低い人が向いてる仕事を探すコツとして「自己分析をして強みを理解する」ことが挙げられます。自己肯定感が低い人は、自己分析を蔑ろにしている可能性が高い傾向にあります。

また、自己分析の際に自分の弱みばかりを気にしてしまいがちでしょう。しかし自己分析では、自分の強みを知るきっかけにもなります。自分の強みを理解しておくことで、自分の強みを活かせる仕事が探し出せるでしょう。

やりたくない仕事を明確にしておく

次に、自己肯定感が低い人に向いてる仕事を探すコツとして「やりたくない仕事を明確にしておく」ことも考えられるでしょう。自己肯定感が低い人は、やりたくない仕事も引き受けてしまうこともあるでしょう。

また、やりたいことがわからない方も、やりたくないことさえ明確にしておけば、本当にやりたい仕事を探し出すきっかけになるかもしれません。

自己肯定感を低くしてしまう原因

自己肯定感を低くしてしまう原因に関する画像

自己肯定感の低い人は、どういった原因で自己肯定感が低くなってしまうのでしょうか。原因を理解しておけば、事前に自己肯定感が低くなることを防げるかもしれません。

ここでは、自己肯定感を低くしてしまう原因について詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

原因①自己信頼感が低い

自己肯定感が低くなってしまう原因として「自己信頼感が低い」ことが挙げられるでしょう。自己信頼感とは、自分が誰よりも自分の味方であるといった感覚のことです。

つまり、自己信頼感が低いことは自分に自信を持てず、自己肯定感が低くなることにもつながってしまうでしょう。

原因②コンプレックスを抱えている

コンプレックスを抱えている」ことも自己肯定感を低くしてしまう原因のひとつです。コンプレックスの原因は、容姿や学歴、厳しい家庭環境と人によって様々でしょう。

コンプレックスを抱えていると、自分は価値のない人間なのかもしれないといったネガティブな思考に陥りやすいです。そうして、自分に対して否定的になりやすい癖がついてしまい自己肯定感が低くなってしまうでしょう。

原因③褒められる機会が少ない

最後に、自己肯定感が低くなってしまう原因として「褒められる機会が少ない」ことが挙げられます。自己肯定感は、最初から持って生まれるわけではありません。

他人から認められたり褒められたりすることで、自己肯定感は育まれていきます。そういった経験が少ないと、自己肯定感は低くなってしまうでしょう。

自己肯定感を高める方法

自己肯定感を高める方法に関する画像

自己肯定感が低い自分をどうにかしたいと考えている方は多いでしょう。実際に、どういった方法で自己肯定感を高めることができるのでしょうか。自分に合った方法で、自己肯定感を高めていくのが肝心です。

ここでは、自己肯定感を高める方法について詳しく紹介していきます。では早速みていきましょう。

方法①完璧主義をやめる

自己肯定感を高める方法のひとつとして「完璧主義をやめる」ことが考えられるでしょう。完璧主義を求め、更なる成長を考えることは悪いことではありません。

しかし、過剰な完璧主義は自分を余計に苦しめてしまう原因にもなります。その影響で、完璧にできない自分に対して否定的になってしまうでしょう。

完璧にこなさなければいけないといった意識をやめて、自分のできない部分にも寛容になっていくのが肝心です。

方法②現状の自分を認める

現状の自分を認める」ことも自己肯定感を高める方法として挙げられます。自己肯定感が低い人は、何事も否定的でネガティブな思考に陥ってしまいがちです。しかし、いきなりポジティブになろうと意識するのは現実的ではありません。

そのため、ネガティブな感情を含め現状の自分を認めることが大切でしょう。ネガティブな思考は誰しもが持っているものです。自分の考え方や価値観を認めていくことから始めてみましょう

方法③自分の思いを優先する

自己肯定感を高める方法として「自分の思いを優先する」ことも考えられるでしょう。自己肯定感が低い人は、自分がどう思っているのかよりも、他人はどう思っているのかを優先してしまいがちです。

周りの目線や意見を気にしてしまい、自分の気持ちを押し殺してしまうこともあるでしょう。まずは自分の思いを優先して、自分はどう思っていてどうしたいのかを優先するように心がけることが大切です。

方法④自己理解を深める

自己理解を深める」ことも自己肯定感を高める方法のひとつでしょう。自己理解とは、自分の価値観や言動、気質や性格などを理解し深く受け入れていることを指します。

自己理解を深めることは、自分がどうすれば理想の自分に近づけるのかがわかるでしょう。したがって、どんな自分を好きになれないのかがわかり、自己肯定感を高めることにつながります。

方法⑤肯定的な言葉は素直に受け取る

最後に、自己肯定感を高める方法として「肯定的な言葉は素直に受け取る」ことが挙げられます。自己肯定感が低い人は、褒め言葉を送られても否定してしまいがちでしょう。

謙虚な気持ちは悪いことではありません。しかし、肯定的な言葉をもらった際には素直に受け取るようにすると、自己肯定感が高まることにつながるでしょう。

 

まとめ

ここまで、自己肯定感が低い人に向いてる仕事や特徴、自己肯定感を高める方法について詳しく解説してきました。自己肯定感が低いことはネガティブなイメージに受け取られがちですが、特徴や強みも存在します。

自己肯定感が低いことに悩んでいる方は、今回紹介した自己肯定感を高める方法を試してみてはいかがでしょうか。また、自分を深く理解することで自分に合った適職がみつかるでしょう。

 

-向いている仕事

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.