おすすめのレンタルサーバーは?お得に契約できるサービス5選

評判分析

おすすめのレンタルサーバーは?お得に契約できるサービス5選

あなたがもし自分のホームページを作りたくなったら。会社や仕事、自分個人としてのブログが欲しくなったら。

一番最初に必要なのは「ネット上の土地」にあたる「サーバー」を取得することです。

中でもオススメな契約は「レンタルサーバー」。

個人が始めるならば、使いやすさや料金面でも断然のおすすめといえます。

 

とはいえ、「レンタルサーバー」に多種多様あり、どれが良いのか初心者が選ぶには難易度が高めです。

そこでこの記事では、おすすめのサーバー契約を5つ紹介します。

サーバーそれぞれの特徴や利点もまとめて解説しますので、ホームページやブログに興味のある方は今後の参考にしてもらえれば幸いです。

サーバーとは?

サーバーとは?

一言に「サーバー」といっても、そこには様々な意味があります。

簡単に説明すると、インターネットなどのネットワークを通じて利用者にサービスを提供するコンピュータのことです。

本質的には皆さんの持っているパソコンと大差はないのですが、サービスを提供している企業側のコンピュータ(提供側)がWebサーバー(Webサイト運営専用のサーバー)などのソフトウェアを搭載することで、サーバーとしての機能を果たすことができます。

サーバーの種類

サーバーは「環境」「用途」「仕組み」に沿って分類することができ、様々な種類があります。

今回紹介していく「レンタルサーバー」「環境」による区分の1つであり、個人や小規模向けのサービスを提供している、安価で利用を開始できるといった特徴があるサービスです。

物理/仮想 分類 概要 特徴
物理サーバー 専用サーバー ハードウェア一台を専有 ビジネスシーンでハイスペックな性能を求めている時や、
高度なセキュリティコントロールをする場合に利用
レンタルサーバー
(共用サーバー)
複数のユーザが共有で
ハードウェアを利用
個人利用や小規模に展開しているサービス時に、
まずは安価で利用開始する場合などに利用
仮想サーバー クラウドサーバー 複数台に分散されたサーバーの
機能を必要に応じてリソース
(IT資源)の提供を受けるもの
サーバーで動作しているアプリケーションの機能の
スペックや格納しているデータ量に応じて依存する。
サービスによってはサーバー負荷が高まったときに
自動的にに拡張(スケールアウト)するものもある。
VPS
(Virtual Private Server)
仮想的に利用者向けの環境を
構築して提供するもの
サーバーに管理者権限を付与し
ある程度の範囲内で独自のアプリケーションを
インストールし業務利用をする場合など

オススメのレンタルサーバー5選

オススメのレンタルサーバー5選

それでは早速、おすすめのレンタルサーバを紹介していこうと思います。

選出方法としては主に3つを主軸にして選びました。

①サイトの実績  :運営歴や契約者数、運用されているサイト数などを総合的に判断

②契約の費用   :月額or年額を選べるが、今回はサイト間を統一するため月額で記載

③サーバースペック:CPU・メモリ・ストレージ・転送量を判断

この3点で評価していきます。特にWebの表示速度は閲覧数の上下に直結するので、最優先に評価します。

おすすめレンタルサーバー①ロリポップ

最初に紹介するのは、国内でのシェアトップクラスの「ロリポップ」です。

「ロリポップ」の特徴はなんといっても料金の安さ。月額料金はもちろんですがすべてのプランで初期費用が無料です。

プランも豊富にそろっており、エコノミー(月額99円~)・ライト(月額220円~)・スタンダード(月額440円~)・ハイスピード(月額550円~)・エンタープライス(月額2,200円~)と全5種類あります。

個人で利用するならばスタンダード(月額440円~)でも問題ありませんが、オススメなのはハイスピード(月額550円~)です。

容量が300GB→400GBとなるだけでなく、独自ドメイン・MySQL5が共に無制限で使えるようになります。

料金面で考えると、最もオススメできるサーバーです。

 

おすすめレンタルサーバー②エックスサーバー

エックスサーバー

引用元:エックスサーバー 公式ホームページ

次に紹介するのは、運用サイト200万件以上の実績を誇る大手のレンタルサーバー『エックスサーバー』です。

こちらのレンタルサーバーは、機能やサポートといったサービス面が充実しているサーバーとなります。

「エックスサーバー」も国内シェアトップレベルのレンタルサーバーであり、超高速のサーバー速度を強みとしている会社です。

基本料金は月額990円~と「ロリポップ」と比べお高めですが、24時間サポートや容量が1024GBあるなど、サーバー自体のスペックが高水準となっています。

それにより通信速度だけでなく、大量のアクセスにも対応できるレンタルサーバーとして人気を集めています。

おすすめレンタルサーバー③ミックスホスト

 

ミックスホスト

 

引用元:ミックスホスト 公式ホームページ

次に紹介するのは、ホームページの表示速度に重きを置いているレンタルサーバー、『ミックスホスト』です。

このホームページの表示速度がWeb上では非常に重要であり、例えば、ホームページの表示時間が2秒増加するだけで直帰率が50%増加するという調査結果もあります。

また、WordPressを使ったホームページ作成のサポート体制がしっかりしており、リモート通話によるサポート初期設定などの代行サービスといった初心者向けのサービスが充実しているのです。

ただ、この「ミックスホスト」には1つ難点があり、無料のサービス期間がありません。
無料での試しができないので、契約後はいきなり有料での利用となります。
初期段階でつまずかない様、サポート体制は充実していますが、自身のホームページ運営に適切かどうか、あらかじめ確認しておく必要があります。

とはいえ、基本料金は月額990円~と「エックスサーバー」と同じく「ロリポップ」と比べお高めですが、初期設定の容易さからこちらも人気のレンタルサーバーとなっています。

おすすめレンタルサーバー④カラフルボックス

カラフルボックス

 

引用元:カラフルボックス 公式ホームページ

次に紹介するのも、ホームページの表示速度に重きを置いているレンタルサーバーである、『カラフルボックス』です。

「ミックスホスト」との大きな違いは、30日間の無料お試し期間が設けられており、有料になる前段階で自身のホームページ運営に適切かどうか試せる点が挙げられます。

また、データのバックアップ方式が変わった形をとっており、「過去14日分」の自動バックアップに加え、バックアップ先を完全に別の地域に設定することで、従来のレンタルサーバーよりも遥かに高い安全性を確保する仕組みを導入しているのです。

個人で利用するのであれば、料金面も安く抑えられ、月々581円~となっています。

しかし、電話サポートといったサービスは高額のプランを申し込む必要があり、ある程度慣れた方向けともいえます。

おすすめレンタルサーバー⑤さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー

 

引用元:さくらのレンタルサーバー 公式ホームページ

最後に紹介するのは、使いやすさで人気の『さくらのレンタルサーバー』です。

こちらも大手のレンタルサーバーで、国内のシェアはトップレベル。
特にホームページ作成時の機能面・サポート面の充実から安定した人気があるサービスとなります。

こちらのサーバーは特筆すべき長所はないのですが、使い勝手なども含めてその見やすさから初心者の支持を集めています。

スタンダードは月々400円~と安く利用できますが、一つ上のプレミアムプランも月々900円~と他と変わらず使用が可能です。

無料のお試し期間が2週間あるので、両プランを試してみるのもよいでしょう。

【まとめ】WordPress利用・無料SSL利用ができるサーバーを選ぼう

今回はおすすめのサーバー5選を紹介していきました。

もしこれから自分のホームページを作りたいのなら、初心者は簡単にホームページをつくれる『WordPress』を利用しましょう。
レンタルサーバーによっては、この「WordPress」を簡単にインストールできるプランが用意されています。

また、セキュリティー面として『無料SSL』が利用出来るかも重要です。

今回紹介したレンタルサーバーはどちらにも対応しているため、考慮する必要はありませんが、自分の運用方法にあったサーバーを吟味していくのが重要です。

-評判分析
-, , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.