だらしない人に向いてる仕事とは?特徴と心理も合わせて解説!に関する画像

向いている仕事

だらしない人に向いてる仕事とは?特徴と心理も合わせて解説!

自分はだらしないのかもしれない
だらしない自分をどうにかしたい
だらしない人にも向いてる仕事があるのだろうか

このような悩みを抱えている方は、少なくはありません。仕事を探すうえで、自分の性格について理解しておくことは大切でしょう。

だらしなさが原因で、仕事やプライベートがうまくいかいないといった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。しかし、だらしなくなる原因や改善方法を知ることで、プライベートや仕事に良い影響が出るかもしれません。

この記事では、だらしない人に向いてる仕事やだらしなくなる原因、改善方法について詳しく解説していきます。自分の性格に当てはまる方は、ぜひ参考にしてみてください。

だらしない人とは?

だらしない人とは?に関する画像

まず、だらしない人とはどのような人のことを指すのでしょうか。ここでは、改めて「だらしない人」について確認していきます。

だらしないとは、内面的・外面的に締まりがないことを指し、マイナスなイメージで使用されることが多いでしょう。

内面的なだらしなさとは、遅刻をしたり忘れ物が多かったりなどの性格のことを指します。また、外面的なだらしなさとは、寝癖のある髪型や乱れた服装といった見た目のことを指すのが多いです。

だらしない人の特徴

だらしない人の特徴に関する画像

だらしない人の特徴とは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。自分の特徴を理解することで、向いてる仕事を効率的に探せるかもしれません。

まただらしなさは、マイナスなイメージを持たれやすいですが、特徴を理解すれば自分なりの強みを見つけることができるでしょう。ここでは、だらしない人の特徴について詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

特徴①メモを取らない

だらしない人の特徴のひとつとして、「メモを取らない」ことが挙げられます。だらしない人は基本的にメモを取らない傾向にあるでしょう。

大切なことはメモをする方も多いですが、だらしない人はメモを取ることが面倒だと感じてしまう方のほうが多いです。人間の記憶力には限界があるので、忘れないようにメモを取ることは大切でしょう。

特徴②自己管理が苦手

「自己管理が苦手」であることも、だらしない人の特徴として考えられます。だらしない人は、自己管理が不得意になりがちです。例えば、お金の管理がうまくできずに、計画性もなく趣味や買い物にお金を費やしてしまうといったことが考えられます。

また自分の体調管理に関しても、大丈夫だと後回しにしてしまうことも多いのではないでしょうか。

特徴③時間にルーズ

だらしない人の特徴として「時間にルーズ」であることも挙げられます。だらしない人は、上記で自己管理が苦手だと挙げたように、時間の管理に関してもルーズな一面がみられるでしょう。

だらしない人は、先を見越しての時間配分が苦手な傾向にあるので、締切や待ち合わせに遅れてしまうことも考えられます。

特徴④思いつきで行動する

思いつきで行動する」ことも、だらしない人の特徴として考えられるでしょう。だらしない人は、物事を計画するのが苦手な傾向にあります。そのため、何か行動をしようと考えたら、思いつきで行動してしまうことが多いです。

また物事を進めるうえで、メリットやデメリットを考えることがなく、思いつきで行動してうまくいくこともあれば失敗してしまうこともあるでしょう。

特徴⑤マイペースであることが多い

最後に、だらしない人の特徴として「マイペースであることが多い」点が挙げられます。だらしない人は、あまり周りの目線を気にすることがなく自分の世界観で生きている傾向が多いです。

そのため、マイペースだと思われることもあり、その性格がメリットにもデメリットにもなり得るでしょう。また、自分は幸せだと感じることも多いので、充実した生活を送れている方も少なくはありません。

だらしない人に向いてる仕事7選

だらしない人に向いてる仕事7選に関する画像

実際に、だらしない人に向いてる仕事とはどのような職種が挙げられるのでしょうか。だらしない自分に向いてる仕事はあるのか、悩んでいる方も少なくはないでしょう。しかし、だらしない人にも向いてる仕事は存在します

自分の強みや好みを把握し、自己分析をするのが肝心でしょう。ここでは、だらしない人に向いてる仕事を7つ紹介していきます。自分に合った仕事があるか、ぜひ探してみてください。

だらしない人に向いてる仕事①営業職

だらしない人に向いてる仕事として「営業職」が挙げられます。営業の仕事といっても多岐にわたりますが、プロセスよりも結果を重視する営業の方が向いてると考えられるでしょう。

営業職は、朝礼が終われば後は自由に仕事をして良い会社も多く、だらしない人でも自分のペースで仕事ができます

だらしない人に向いてる仕事②ドライバー

ドライバー」もだらしない人に向いてる仕事として挙げられるでしょう。ドライバーはタクシーやトラック、バスなど様々な種類が存在します。その中でもトラックドライバーは、荷物の運送がほとんどで1人での作業が多いです。

そのため、自分の世界観を持っている傾向のあるだらしない人には、向いてる仕事だと考えられるでしょう。

だらしない人に向いてる仕事③警備員

だらしない人に向いてる仕事として「警備員」も考えられます。警備員とは、あらゆる施設や現場で人や財産といったものを警備・警護に携わるのが基本的な仕事内容です。

見回りや巡回をするのがほとんどなので、人と関わることが少ないのが特徴的でしょう。そのため、対人関係に不安があるだらしない人には特に向いてる仕事だと考えられます。

だらしない人に向いてる仕事④事務職

だらしない人に向いてる仕事として「事務職」も挙げられるでしょう。事務職の仕事は、どんどんタスクが増えていくため忙しいこともあります。しかし、自分で仕事を組み立ててこなしていけるので、だらしない人でも自分のペースで進めることが可能です。

上司から仕事を振られたとしても、仕事の順序までは指定されないので、時間の範囲内で終わらせるように計画できるのが事務職の特徴でもあります。

だらしない人に向いてる仕事⑤研究職

研究職」もだらしない人に向いてる仕事として考えられるでしょう。研究職とは、研究や開発をするのが仕事内容です。民間企業の研究部署や大学の研究所などが、主な仕事場として挙げられます。

研究成果が出るまでは、長い時間がかかることもあるでしょう。しかし、自分のペースで進めることも可能なので、忍耐力に自信のあるだらしない人には向いてる仕事だと考えられます。

だらしない人に向いてる仕事⑥Webデザイナー

Webデザイナー」もだらしない人に向いてる仕事として挙げられます。Webデザイナーは、Webサイトやオンラインゲーム、スマホアプリといったデザインを手がけるのが基本的な仕事内容です。

日々の業務はコツコツと地味な作業も多いでしょう。しかし、会社員として働くこともあれば在宅でフリーのWebデザイナーとして働くことも可能です。そのため、自分に向いてる働き方のスタイルが選べるので、だらしない人にも向いてる仕事だと考えられます。

だらしない人に向いてる仕事⑦ライター

最後に、だらしない人に向いてる仕事として「ライター」が挙げられるでしょう。ライターは、Webサイトや書籍、広告などに文章を書くのが基本的な仕事内容です。

取材を伴うものもあれば、自分で情報収集して作成することもあります。フリーのライターとして活動もでき、会社員としてディレクションも兼ねるケースなど、ライターとしての働き方は様々です。

だらしない人の中でも、自分のライフスタイルに合った仕事をしたい方には特におすすめの仕事でしょう。

だらしなくなってしまう原因・心理とは

だらしなくなってしまう原因・心理とはに関する画像

だらしない人は、どうしてだらしなくなってしまうのでしょうか。だらしなくなってしまう原因や心理について悩んだことのある方も多いでしょう。

ここでは、だらしなくなってしまう原因や心理について詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

何事もどうにかなると考えている

だらしなくなってしまう原因・心理として「何事もどうにかなると考えている」点が挙げられます。だらしない人は、何事もなるようになると軽い気持ちで考えている傾向が多いです。

また、こうなることもあるだろうと、失敗しても挫けないことも多いでしょう。どうにかなると考えるのは決して悪いことではありません。しかし、軽率な判断は時に自分を苦しめてしまうこともあるので、注意が必要です。

何でも後回しにしてしまう癖がある

何でも後回しにしてしまう癖がある」ことも、だらしなくなってしまう原因・心理として考えられます。だらしない人は、しなければならないことも後でやれば良いかと、後回しにしてしまう傾向があるでしょう。

また結局後回しにしても、後で苦しむのは自分だとわかっていますが、どうしてもやりたくない気持ちが勝ってしまいます

自分のことばかり考えてしまう

最後に、だらしなくなってしまう原因・心理として「自分のことばかり考えてしまう」ことも挙げられるでしょう。だらしない人は、何事も自分を軸にして考えてしまう傾向があります。

自分が良ければそれで良いと考えてしまうので、だらしなくなってしまうこともあるでしょう。また、楽観的になることも多いので、だらしないと周りから思われてしまうことも少なくはありません。

だらしない性格を改善する方法とは

だらしない性格を改善する方法とはに関する画像

上記で、だらしなくなってしまう原因や心理について解説しましたが、だらしない性格を改善する方法はあるのでしょうか。自分に合った改善方法で、ストレスなく改善していくのが肝心です。

ここでは、だらしない性格を改善する方法について詳しく紹介していきます。では早速みていきましょう。

方法①毎日のルーティーンを定める

だらしない性格を改善する方法として「毎日のルーティーンを定める」ことが挙げられます。だらしない人は、生活するうえでの基本的なことを疎かにしている傾向があるでしょう。

そのため、まずは自分なりのルーティーンを定めることをおすすめします。行動をルーティーン化することで、その行動は習慣になってくるでしょう。習慣になれば、何も意識しなくてもできるようになるので、だらしなさも改善されやすくなります

方法②今の自分を受け入れる

また、だらしない性格を改善する方法として「今の自分を受け入れる」ことも挙げられるでしょう。今の自分をだらしないと感じているのであれば、自分の現状としっかりと向き合うことが肝心です。

自分の現状に目を背けていたり、これでいいかと開き直っていたりすると、何も改善されることはありません。今の自分を受け入れたうえで、改善点を探していくことが大切でしょう。

方法③目標を決める

目標を決める」こともだらしない性格を改善する方法として考えられます。どんなに小さなことでも良いので、プライベートや仕事で目標を決めることが大切でしょう。

目標を決めることで、自分のやりたいことを明確にできます。また、何をすべきなのか何に時間を割けば良いのかがわかるようになり、だらしなさの改善につながるでしょう。

方法④あえて面倒だと思うものから始めてみる

あえて面倒だと思うものから始めてみる」のもだらしない性格を改善する方法のひとつです。だらしない人は、面倒なことは後回しにしてしまう傾向にあるでしょう。

しかし、あえて面倒だと思うものから始めるようにすると、後の作業がスムーズに進められるのを知ることができます。また、最初の方が集中力が高い傾向にあるので、面倒なことを最初のうちにするのは理にかなっているでしょう。

方法⑤周りの人をあまり頼らない

最後に、だらしない性格を改善する方法として「周りの人をあまり頼らない」ことが挙げられるでしょう。だらしない性格を改善するためには、必要以上に人に頼らないのが肝心です。

周りに頼らないことで、自分ひとりで生きているという、自立心を芽生えさせることができます。すると、最低限でも自分の力で解決しようと行動するので、だらしなさの改善につながるでしょう。

だらしない人が効率良く仕事を進めるポイント

だらしない人が効率良く仕事を進めるポイントに関する画像

だらしない自分でも、もっと効率良く仕事を進めたいと考える方は多いでしょう。また、性格は簡単に改善できるものではありません。そのため、今のだらしない自分でも、効率の良い仕事の進め方やポイントを知っておくのは大切でしょう。

ここでは、だらしない人が効率良く仕事を進めるポイントについて紹介していきます。では早速みていきましょう。

ポイント①努力の前に工夫を覚える

だらしない人が効率良く仕事を進めるポイントとして「努力の前に工夫を覚える」ことが挙げられます。だらしない人は、努力ができない、努力の継続が苦手な傾向にあるでしょう。

努力をすることで、結果を残してる方はたくさん存在します。しかし、努力の継続にはエネルギーが必要で、長続きはしにくいです。

そのため、努力しようとするのではなく、継続するための仕組みを考えたりやアイデアを生み出したりしてみましょう。そうすれば、仕事に対してのストレスが軽減され、いつの間にか習慣にもなります

ポイント②自分のやり方を信じる

自分のやり方を信じる」ことも、だらしない人が効率良く仕事を進めるポイントとして考えられます。だらしない人にとって、新しいことを始めるのは大きなエネルギーを必要とするでしょう。

また、自分のやっていることに不安や悩みを抱きやすい方も多いです。おそらく、今の習慣ややっていることよりも、効率的な方法はあるでしょう。しかし、せっかく始めたことを途中でやめてしまうのはもったいないです。

多少効率が悪くても、自分のやっていることを信じて続けることに意味があるでしょう。

ポイント③優先順位をつけない

最後に、だらしない人が効率良く仕事を進めるポイントとして「優先順位をつけない」ことが挙げられるでしょう。多くの人が毎日仕事に優先順位をつけてこなしています。

しかし、突然やらなければいけないことが増えたり、イレギュラーなことが重なったりすることもあるでしょう。だらしない人が特に意識しておきたいのは、優先順位でをつけるのではなく、やらないことをためないことです。

簡単なことでも溜め込んでしまえば、やるのが面倒になってきます。単純作業ならまだしも、仕事の業務に優先順位をつけずに淡々とこなしていくのが肝心です。

まとめ

ここまで、だらしない人の特徴や向いてる仕事、だらしない性格を改善する方法について解説してきました。だらしない人にも、紹介してきたように向いてる仕事が存在します。

仕事を探すうえで大切なのは、自分の性格を理解し、自己分析をすることでしょう。自分を知ることができれば向いてる仕事もわかってきます。

まただらしない性格を改善したい方は、自分に合った方法でストレスなく改善していくことが肝心です。

-向いている仕事

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.