短気集中型に向いてる仕事とは?強みと特徴を活かした適職を紹介!に関する画像

向いている仕事

短気集中型に向いてる仕事とは?強みと特徴を活かした適職を紹介!

短気集中型の強みや弱みは何だろう
集中力が続かない自分にも向いてる仕事はあるのだろうか

短気集中型の方の中には、このような悩みや疑問を抱えている方も多いでしょう。また短気集中型の人の中には、飽きっぽい性格の方も多く自分に向いてる仕事はあるのか、不安になってしまう方も少なくはありません

ここでは、短気集中型の強みや向いてる仕事、向いてない仕事などについて詳しく解説していきます。自分の気質に当てはまる方や仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

短気集中型とは?

短気集中型とは?に関する画像

まず、短気集中型とはどういう人のことを指すのでしょうか。改めて、短気集中型について確認していきます。

短気集中型とは、短い時間で集中して作業に取りかかる人のことを指すでしょう。逆に長い時間集中できる人のことを、長期集中型とも呼びます。

また短気集中型は、単発で何度も集中して作業に取りかかることや、追い込まれて集中力の濃さが高まることも考えられるでしょう。

短気集中型の強み

短気集中型の強みに関する強み

短気集中型の強みとはどのようなことが挙げられるのでしょうか。どんな性格にも強みは存在します。強みを理解することで、仕事やプライベートにも活かせるでしょう。

ここでは、短気集中型の強みについて詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

強み①集中力が高い

短気集中型の強みとして「集中力が高い」ことが挙げられます。短気集中型の人は、集中力が長くは続きませんが、集中力が短い分集中力が高い傾向にあるでしょう。

例えば、課題の締め切り1日前に一気に終わらせるほど、濃い集中力を発揮するといったことがあります。

強み②要領が良い

要領が良い」ことも短気集中型の強みとして考えられるでしょう。短気集中型の人は、物事を短時間で終わらせるために段取りを最適に組んでいる傾向が多いです。

そのため、要領が良いことが多く何事も期限までにはそつなくこなしているでしょう。

強み③精密な仕事ができる

短気集中型の強みとして「精密な仕事ができる」点が挙げられます。短気集中型の人は、他の人が真似できないような精密さで全力で作業に取り組む傾向にあるでしょう。

またこだわりも強いため、自分がこうだと思ったことは正確に貫き通します。仕事をするうえでは、短気集中型の人が重宝される場面も多く存在するでしょう。

強み④変化を恐れない

変化を恐れない」ことも短気集中型の強みとして考えられます。短気集中型の人は飽きっぽい気質もあるため、変化を恐れずに何事にも挑戦していく傾向にあるでしょう。

色んなことに興味を持ち挑戦していくので、失敗することもありますが、その分経験豊富で様々なことに活かせます

強み⑤常識に捉われない

最後に、短気集中型の強みとして「常識に捉われない」ことが挙げられるでしょう。短気集中型の人は、常識に捉われることがなく固定概念に縛られない傾向があります

そのため、常識に捉われない自由な発想ができ、クリエイティブな思考を持っているといった強みがあるでしょう。

短気集中型の弱み

短気集中型の弱みに関する画像

短気集中型の強みは解説してきましたが、短気集中型には弱みも少なからず存在します。自分の性格の弱みも理解しておくことで、仕事やプライベートで改善すべき点もみつけることができるでしょう。

ここでは、短気集中型の弱みについて詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

弱み①熱しやすく冷めやすい

短気集中型の弱みとして「熱しやすく冷めやすい」点が挙げられます。短気集中型の人は、興味の持ったものは他の人よりも情熱を持って取り組むことが多いです。

しかし、その情熱が冷めやすいことが多く基本的に何事も長続きしないでしょう。

弱み②器用貧乏になりやすい

器用貧乏になりやすい」点も短気集中型の弱みとして考えられます。短気集中型の人は、好奇心旺盛で新しいことにどんどん挑戦していく傾向があります。

その分豊富な経験があるのですが、深く学ぶ前に飽きてしまいどれも浅い知識のままで、器用貧乏になってしまう可能性があるでしょう。

弱み③他力本願になりがち

最後に、短気集中型の弱みとして「他力本願になりがち」な点が挙げられるでしょう。短気集中型の人は、集中すれば濃い集中力を発揮します。

しかし、集中が途切れてしまえばやる気もなくなり、途中で作業を投げ出してしまうことも少なくはありません。そのため、他力本願で人任せにしてしまうこともあるでしょう。

短気集中型に向いてる仕事7選

短気集中型に向いてる仕事7選に関する画像

実際に、短気集中型の人に向いてる仕事とはどのような職種があるのでしょうか。向いてる仕事を考える際には、様々な選択肢があり悩んでしまうことも少なくはありません。

ここでは、短気集中型に向いてる仕事を7つ紹介していきます。自分に向いてる仕事がないかぜひ探してみてください。では早速みていきましょう。

短気集中型に向いてる仕事①企画職

短気集中型に向いてる仕事として「企画職」が挙げられます。企画職は、会社の新商品の企画や開発、既存の商品のアップデートなどが基本的な仕事内容です。

短気集中型の人は、発想力に長けている方が多い傾向にあります。そのため、他の人が思いつかないような商品を作り出す可能性があるでしょう。

短気集中型に向いてる仕事②ファッションデザイナー

ファッションデザイナー」も短気集中型に向いてる仕事のひとつです。ファッションデザイナーは、服や装飾小物などのデザインを手がけている人のことを指します。

短気集中型の人は、新しいものを好み流行りにも敏感な傾向にあるでしょう。そのため、新しいものをどんどん取り入れていく必要のあるファッションデザイナーは、向いてる仕事だと考えられます。

短気集中型に向いてる仕事③研究職

研究職」も短気集中型に向いてる仕事として考えられます。研究職は、様々なものの研究や開発に携わっている人のことを指すでしょう。研究職の勤務先は、大学や民間企業、公的機関など多岐にわたります。

短気集中型の人は、高い集中力を持っているので、自分が興味を持つ研究であれば全身全霊で取り組む可能性があるでしょう。

短気集中型に向いてる仕事④Webプログラマー

短気集中型に向いてる仕事として「Webプログラマー」も挙げられるでしょう。Webプログラマーは、Webサイトに特化したプログラミングを行い、エンジニアが作成した仕様書に沿ってWebシステムを開発するのが基本的な仕事内容です。

Webコンテンツは飽きないように工夫するのが大切でしょう。そのため、飽きやすい短気集中型ならではの観点で、仕事にも良い影響が出る可能性があります。

短気集中型に向いてる仕事⑤動物飼育員

動物飼育員」も短気集中型に向いてる仕事のひとつです。動物飼育員は、動物園で飼われている動物の世話をするのが基本的な仕事内容です。

短気集中型の人は、その性格の影響で他人に悪い意味で誤解されることもあるでしょう。しかし動物相手ならば気にする必要もないので、人間関係に不安がある短気集中型には、特におすすめです。

短気集中型に向いてる仕事⑥動画クリエイター

短気集中型に向いてる仕事として「動画クリエイター」も考えられるでしょう。動画クリエイターは、Web上の動画コンテンツの編集や配信が基本的な仕事内容です。

近年、YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツの人気が高い傾向にあります。短気集中型の人は、人気のあるものや流行りに敏感なので、動画クリエイターの仕事も向いてると考えられるでしょう。

短気集中型に向いてる仕事⑦ITエンジニア

最後に、短気集中型に向いてる仕事として「ITエンジニア」が挙げられます。ITエンジニアとは、IT技術者の総称です。コンピュータを動かすためのシステムを設計するのが基本的な仕事内容でしょう。

ITエンジニアには、高い集中力が求められます。そんため、短気集中型が持つ集中力があれば、ITエンジニアの仕事の難なくこなすことができるでしょう。

短気集中型に向いてない仕事の特徴

短気集中型に向いてない仕事の特徴に関する画像

短気集中型に向いてる仕事は紹介しましたが、向いてない仕事の特徴についても確認していきましょう。向いてない仕事の特徴を押さえておけば、仕事を効率的に探すことができます。

ここでは、短気集中型に向いてない仕事の特徴について詳しく解説してきます。では早速みていきましょう。

特徴①自由度が低くペースを乱されてしまう仕事

短気集中型に向いてない仕事の特徴として「自由度が低くペースを乱されてしまう仕事」が挙げられます。短気集中型の人は、高い集中力を強みとしているでしょう。

自由度が低くペースを乱されてしまう仕事では、短気集中型の強みを活かせない可能性が高いです。仕事を選ぶうえでは、仕事の環境にも注視しておくことをおすすめします。

特徴②マルチタスクになりがちな仕事

マルチタスクになりがちな仕事」も短気集中型に向いてない仕事の特徴でしょう。マルチタスクとは、複数の作業を同時に行うことです。

短気集中型の人は、ひとつのことに集中して取り組む傾向があるので、複数の仕事を同時にこなすのは苦手だと考えられます。したがって、ひとつのことに集中して作業するシングルタスクの仕事が向いてるでしょう。

特徴③コミュニケーションが生業となるような仕事

最後に、短気集中型に向いてない仕事の特徴として「コミュニケーションが生業となるような仕事」が考えられます。短気集中型の人は、目的重視型の人が多い傾向にあります。

したがって、コミュニケーションが生業でない仕事の方が、短気集中型の人は本来の力を発揮できるでしょう。

まとめ

ここまで、短気集中型の強みや弱み、短気集中型に向いてる仕事について詳しく解説してきました。短気集中型には、長期集中型にはない強みを数多く持っています

自分の強みを理解して、自分に向いてる仕事を探し出すのが肝心でしょう。向いてない仕事の特徴も紹介してきたので、仕事探しの効率化に役立ててみてはいかがでしょうか

-向いている仕事

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.