働き方 向いている仕事

ストレス耐性が低い人に向いてる仕事とは?不向きな仕事や高める方法も解説

「ストレス耐性が低くて、仕事が長続きしない」
「ストレス耐性が低い人に向いてる仕事とは?」
などと、悩んでいる人も多いでしょう。

ストレス耐性が低いと、少しのことを考えて落ち込んでしまったり、職場での人間関係がうまくいかなかったりすることもあります。

この記事では、ストレス耐性が低い人に向いてる仕事を解説します。ストレス耐性が低い人の特徴や原因、高める方法などもまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

ネガティブに向いてる仕事を紹介!長所を含めた性格の特徴も解説

ネガティブは失敗したくないという思いから、リスクマネジメントに優れており正確さを求めた仕事では能力を発揮することができます。 ネガティブはHSPである可能性もあるため性格を理解しておくことで適性があっ ...

続きを見る

穏やかな人に向いてる仕事5選!働きやすい環境づくりのポイントも解説

穏やかな人は、素敵な笑顔の持ち主であり、周りを癒すことができる貴重な存在です。 職場に穏やかな人がいるだけで、どんよりとした雰囲気が一気にまったりしたものになったという経験をしたことがある方もいるので ...

続きを見る

ストレス耐性が低い人の特徴

上を向いている男性の様子

ストレス耐性は人によってレベルが違います。

ストレス耐性の高い人は、大きなストレスを受けても乗り越えられるのに対し、耐性の低い人は、ちょっとしたことでも落ち込んでしまうという傾向があるのです。

ストレス耐性の低い人の特徴はいくつかありますので、それぞれ説明していきます。

協調性がある

協調性とは、利害や立場の異なる人と折り合いをつけて、協力できる能力のことをいいます。

ストレス耐性が低い人は、常に人に合わせすぎて疲弊したり、マイペースに過ごせない時間が多かったりするため、ストレスを感じてしまうのです。
たとえば、会議などでも自分の意見を言えない、人の機嫌を気にしてしまうなどの傾向があります。

悩みを引きずる

ストレス耐性が低い人は、悩みをいつまでも引きずってしまい、気持ちの切り替えが遅いという特徴があります。

小さいミスやトラブルをいつまでも悩み続けて、他の仕事が手につかなかったり、ネガティブな気持ちを引きずったりしてしまいがちです。

逃げ癖がある

逃げ癖がある人は、責任感に欠けたところがあり、自信がない傾向にあります。
物事を深く考える力が欠けており、言い訳ばかり口にするのも特徴の一つです。

トラブルや壁にぶつかるとすぐに面倒だと感じ、失敗を素直に認めないのです。
ストレス耐性が低い人は、ちょっとしたことでも落ち込んでしまうため、すぐにその場から逃げてしまう人が多いのでしょう。

自分に厳しい

自分に厳しい人は、行き過ぎてしまうと完璧主義になる傾向があります。

真面目すぎる性格が災いして、目の前にある問題を解決できない自分にストレスを感じてしまいます。
周囲から評価されますが、ストレス耐性が低い人は、誰かに頼れない人が多いので、自分で抱えてしまいストレスを増幅させてしまうのです。

たとえば少しのミスで必要以上に落ち込んでしまったり、ミスをした自分にイライラしてしまったりすることもあるでしょう。

ストレス耐性が低い3つの理由

暗い場所でパソコンを見ている女性の様子

ストレス耐性は、その人の物の考え方や捉え方によって違いが現れます。

ストレス耐性が低い原因を下記にまとめてみました。

考え方のクセ

考え方のクセとは、出来事そのものによって気持ちや行動が決まるのではなく、その出来事に対する捉え方・考え方のクセのことをいいます。

ストレス耐性が低い人には、「怒られたくない」「周囲に迷惑を掛けたくない」という考えが強くあります。
ですから、ネガティブに考えてしまったり、人に合わせなければならないという思いが常にあるのです。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れとは、睡眠不足や運動不足、食生活の乱れなどの不規則な生活のことをいいます。
仕事とプライベートが両立できない、オンオフを切り替えられない人も多くいます。

夜遅くまでスマートフォンやパソコンを見ていて、朝はギリギリまで寝て食事もとらずに出勤するという生活を送っていると、ストレス耐性は低くなるばかりです。

常にストレスを感じている

ストレス耐性が低い人は、他の人と接する時は常にストレスを感じているといえます。

常にストレスを感じている場合、強いストレスがかかるとストレス耐性がどんどん低くなってしまいます。
さらに常にストレスを感じている人は、同じストレスでも強い反応が出てしまう危険性があるのです。

ストレス耐性が低い人に向いてる仕事

パソコンを打つ様子

ストレス耐性が低い人に向いている仕事をまとめましたので、下記に紹介します。

ノルマが過度に厳しくない

ストレス耐性が低い人は、ノルマが厳しくない仕事が向いているといえます。

プレッシャーを感じやすいため、ルーティンワークの多い事務職などの仕事が向いているといえるでしょう。
事務職とは、書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力などのバックオフィス業務全般を担うポジションを意味します。

ルーティンワークが多く、営業や接客のようにノルマを課されることがありません。
さらに簿記やMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、秘書検定などの資格を取ることでスキルアップもできます。

自分のペースで働ける

ストレス耐性が低い人は、自分主体でできる仕事が向いています。

知らず知らずのうちに周りの人に合わせてしまうため、自分のペースで働くことが難しい傾向にあります。
周りに合わせなければならないという気持ちの焦りから、ストレスを感じやすいのです。

たとえば、工場でのライン作業が向いているといえます。
ライン作業は、1つの工程に対し複数人でベルトコンベアを流れる製品に加工・梱包していく作業のことです。

慣れるまでは大変ですし、業種によって繁忙期はとても忙しいようですが、同じ業務の繰り返しなので仕事に慣れるまでにさほど時間はかかりません。

変化の少ない仕事

変化の少ない仕事とは、臨機応変な対応がなく、一度覚えてしまえば同じ作業を行う仕事です。

ストレス耐性が低い人は、落ち着いて取り組める仕事が向いているといえます。

変化が多いと、その分ストレスがかかってしまいます。仕事量の増減がある仕事や、臨機応変な対応が求められる職場では不安を抱えることが多く、実力を発揮できないでしょう。

たとえば、下記のような仕事になります。

  • データ入力
    数値データをExcelなどに入力する仕事です。他の人と関ることなく黙々と作業できます。
  • 受付業務
    企業や病院などの受付で来客に対応する仕事です。人との関りはありますが、マニュアル化された業務が基本なので、慣れれば楽になるでしょう。
  • 図書館スタッフ
    利用者が予約した本を貸し出したり、子ども達への読み聞かせといったイベント企画を行ったりすることもあります。一般企業と比較すると静かな環境で、安定して働き続けられます。

ストレス耐性が低い人に不向きな仕事

ヘルメットを抱える人の画像

一方、ストレス耐性が低い人に向かない仕事はどんな仕事なのでしょうか。下記にまとめてみました。

ノルマがある仕事

ノルマがある仕事とは、営業職や接客業などがあります。企業の利益を左右する重要なポジションの営業職は、契約件数・販売件数などのノルマを課されることがほとんどです。

ノルマがある仕事は、プレッシャーが大きくストレスにも繋がりやすい傾向があります。
たとえば、営業成績のよい人の発表があったり、ノルマを達成できなければ上司からプレッシャーをかけられたりすることもあるでしょう。

プレッシャーを感じやすいストレス耐性が低い人には、不向きな仕事だといえます。

体力仕事

体力仕事とは体力を必要とする仕事で、力仕事、肉体労働のことをいいます。

たとえば、土木や建築に加え、運送業、整備士などの仕事があります。
体力勝負の仕事はハードワークが多いため、ストレス耐性が低い人には不向きな仕事だといえるでしょう。

身体が疲労すると精神状態も崩れてしまいます。疲労には肉体的疲労・精神的疲労・神経的疲労の3つがあり、互いに密接に関係しているため、身体の疲れが精神状態にも影響を与えてしまうのです。
そのことから、ストレス耐性が低い人に体力仕事はオススメできません。

ストレス耐性を高める3つの方法

瞑想をしている様子

ストレス耐性は高められます。難しいことではなく、日々の生活の中での心がけ次第でストレス耐性を高められるのです。

高める方法を1つずつ紹介していきます。

生活リズムを整える

生活リズムを整えるには、規則正しい生活が欠かせません。「食事」「運動」「睡眠」の3つはどれも重要です。

具体的には、6~7時間の睡眠時間を確保する、栄養バランスのとれた食事を心がける、朝陽を浴びてヨガやウォーキングなどの軽い運動することをオススメします。

ストレスを感じていると気づく

まずは、ストレスを感じていると気づくことがポイントです。ストレスを感じていると気づければ、ストレスの影響を受けにくくなります。
自分が何を感じているのか、気づけるよう意識します。

たとえば会議でプレゼンをする際は緊張してしまい、ストレスを感じてどうしていいのかわからなくなりがちです。そんなときは、「私は緊張している」と受けとめることです。
受けとめることで、単純にオロオロすることもなく、今やるべきことに目を向けられるようになるでしょう。

1日5分の瞑想

瞑想とは、心を静めて無心になること、何も考えず目を閉じてリラックスすることをいいます。

目を閉じて鼻から息をゆっくり吸い込み、鼻から息を吐くという腹式呼吸を5分間行います。
起きてすぐ、仕事を始めるとき、寝る前など、別の活動を始めるときに行いましょう。

毎日5分行うことで、集中力が上がったり、感情のコントロールがしやすくなったりなどの変化を実感できるようです。

【まとめ】ストレス耐性の低い人に向いてる仕事はルーティンワークの多い仕事

ストレス耐性の低い人に向いてる仕事を紹介しました。

ストレス耐性の低い人は協調性が高い分、いつもストレスを感じて過ごしてしまっています。
ですから、周りの環境に左右されずにできる仕事が向いているといえます。

ストレス耐性を高める方法を行いながら、自分に合う仕事をみつけてみましょう。

-働き方, 向いている仕事
-, , , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.