資格試験に受かる勉強法を公開!落ちてしまう人の特徴も解説

このサイトは広告(Amazon含む)を掲載しています

採用

資格試験に受かる勉強法を公開!落ちてしまう人の特徴も解説

近年では就職活動において、学歴という評価はあまり意味を持たなくなってきました。

日本の最高峰大学である東京大学卒業者であっても、就職活動で失敗し就職浪人となる場合が多く報告されています。

そんな中で求められているのは、社会に出てから即戦力になる人間です。

その証明として、各種資格の取得が注目を集めています。

特定の資格を有していることで、就職に有利になるだけでなく、採用時点での給与の差にも繋がるのです。

そこでこの記事では、資格試験に受かるための勉強方法や勉強のコツをいくつか紹介していきます。

逆に試験に落ちてしまう人の特徴も解説するので、資格勉強に興味がある方や就職・転職を有利に進めたい方は、是非最後までご覧ください。

資格取得に向けて重視すべき勉強のコツ

資格取得に向けて重視すべき勉強のコツ

資格の取得を目指す人は、就活生以外にも転職希望者や働きながらのステップアップなど様々な目的で目指す人が多種多様にいます。

学生などの時間が多く取れる人はまだ良いのですが、働きながらの取得を目指す人や時間を多く取れない人などは、押さえておくべきコツというものがあるのです。

そんな資格勉強のコツの中から、特に重要なものを6つピックアップしたのが以下の項目となります。

詳細を見ていきましょう。

試験までのおおよそのプランを立てる

資格試験に合格するには、試験日までに試験範囲の勉強を一通り終わらせておく必要があります。

そのためには、試験日までの期日から逆算して、おおよその勉強プランを立てておく必要があるのです。

試験範囲を完璧に覚えきるのが理想的ではあるのですが、時間的な制限や作業量的な制約がある場合などは、ある程度の妥協は必要となります。

試験日の数日前を期限として勉強を進め、試験日前の数日は見直し期間としてプランを立てておくのが利口でしょう。

満点を目指すことはしない

上記の項目でものべたように、資格試験最大のネックは時間の制約です。

試験日を期日として、資格試験の範囲を合格基準まで学ぶ必要があります。

この試験日までの期間が長期間な場合、試験範囲をすべて勉強することも可能でしょうが、逆に期日が近い場合は覚える項目の選択が必要となるのです。

全ての資格試験には合格のボーダーラインが設定されており、それ以上の点数を取れば合格となります。

ならば、配点が大きい問題や解くのに時間がかからないような問題を優先的に覚えておくというのも、重要な戦略と言えるのです。

無論、すべての問題を完璧に覚えれるのが理想的ではあるのですが、時間的な制約がある場合、満点を目指さずに合格点を目指すという方向にシフトするのも重要な戦略といえます。

資格ごとに戦略を明確化する

この項目は、上記した「満点を目指さない」という項目の続きといえます。

上の項目で、覚える項目の選択が必要と述べましたが、優先的に覚えるべき「配点が大きい問題」や「解くのに時間がかからない問題」は資格事に様々です。

故に、勉強を始める前段階で目指している資格試験ごとに戦略を立てる必要があります。

「そんなことに時間をかけるより一つでも多く問題を覚えるべきでは?」という意見もあることでしょうが、この勉強方に対する戦略を明確化しておくことで、その後の勉強に対する効率が格段に違ってくるのです。

また、この戦略を立てる上で重要なことは、「明確化」しておく、つまり「具体的に立てる」という点です。

ただ漠然と、「覚えやすい問題から始めていこう」や「過去この配点は高かったから覚えておこう」といった安易な戦略は、そもそも問題として出される可能性が低かったり、配点が高くとも問題を解くのに時間が取られ過ぎる問題だったりと、思わぬ落とし穴にハマりかねません。

過去の問題集をよく分析して、時間をかけてでも戦略を練ることが、最終的な効率に繋がっていくのです。

1週間のスケジュールを立てて勉強する

戦略を練る上でより具体的に立てるには、試験日を期日とした全体的な勉強の進め方だけでなく、1週間のスケジュールを立ても同時にするべきです。

これは、上記で説明した「資格事の戦略を立てる」という項目をより具体的な行動に落とし込む効果があります。

ここで重要なのは、1週間という期間でスケジュールを組み立てる点です。

よく聞くのは、1日単位での勉強スケジュールを立てている人の話なのですが、仕事をしながらや忙しい人といった時間的余裕がそれほどない人の場合、1日単位だとスケジュールが回らないという事態が多々あります。

逆に1カ月単位だと、今度は勉強スケジュールの具体性や明確化に欠けるのです。

1週間単位でスケジュールを立てて、ズレたスケジュールを週末などに修正していくことで、全体のスケジュールをこなすことができるようになります。

勉強プランは遅れることを想定しておく

幾ら緻密にスケジュールを立てたとしても、何らかの理由で勉強プランは遅れてしまうものです。

勉強以外にもやることがある忙しい人や体調不良など、立てたスケジュール通りに勉強を進めるのは困難極まります。

そこで、最初のプラン設定の時点でスケジュールの遅れを想定しておくのです。

仮にスケジュール通りに勉強が進み、試験日までに空き時間ができたとしても、試験範囲の見直しや過去問への取り組みなど、やれることはいくらでも発生します。

最悪なのは、試験範囲の勉強が途中で終わってしまうことです。

最後の4~5日は復習日となるように、余裕を持ってのスケジュールを組み立てておきましょう。

スキマ時間も有効活用する

本当に忙しい人になってくると、勉強時間の確保自体が難しくなってきます。

特に仕事の通常業務をこなしながら資格試験に挑戦するような人は、平日に勉強時間を確保するのが難しい状態です。

そこで重要なのは、通勤途中や休憩中といったちょっとした時間を確保しておくこととなります。

資格試験の範囲が広範囲に及ぶ場合、勉強で覚えた内容(短期記憶)を試験開始までの直期間覚えておく(長期記憶に移し替える)必要があります。

そのためには、記憶の繰り返しが重要であり、平日は一切勉強できないという状態は大変不利なハンデなのです。

隙間時間に効率的な勉強を行い、記憶するという行為を短期間に何度も繰り返すことによって、試験の合否に大きな影響を及ぼします。

資格取得のための効率的な勉強法8選

資格取得のための効率的な勉強法8選

それではいよいよ、資格取得のための効率的な勉強方法を紹介していきます。

上記した勉強のコツを前提として、最も重要視すべきことを8つピックアップしました。

詳細を見ていきましょう。

出題範囲・問題数・配点を予想しておく

出題範囲・問題点・配点のは把握は、試験までのプランや勉強のスケジュールを立てる上で最低限押さえておきたい情報です。

出題範囲が分からなければ、どこまでを勉強すればよいのかを判断できませんし、問題点や配点が分からなければ、優先的に覚えなければいけない項目を把握することができません。

当たり前のように思われる項目でしょうが、ガムシャラに覚えるというやり方をしてきた人たちは見落としている場合が多く、効率的な勉強をするための最初の段階で、つまづきやすい点でもあります。

過去問で試験のイメージを持つ

試験の全容を把握する上で、過去問を解くのは必須といえます。

たとえ勉強範囲が分かっていても、どの様な出題のされ方をするのかを把握しておかなければ、勉強の効率化を進めれないからです。

例えば、マークシートで回答するような問題と記述式で回答するような問題では、全く違う覚え方をする必要があります。

選択式のマークシートで回答するのに記述できるまで覚えるのは時間の無駄ですし、選択式の覚え方では記述式の答えは出せません。

過去問は勉強を進めていく中で、大変重要となる情報の宝庫なのです。

問題集は3回以上解いておく

おすすめの勉強法として、問題集をひたすら解くというやり方があります。

資格試験の勉強内容がロクに分からない状態で始めるとしても、最初から問題集を最初から最後まですべて解くのです。

当然、1回目はろくに回答できないことでしょう。

なので、すぐに解答をみて間違った所を覚えて下さい。

これを最低3回ほど繰り返すと、問題集の内容はほとんど解けるようになっています。

最初は時間がかかるでしょうが、回数が増えるにつれて解くスピードが上がりますし、教科書の内容を覚えるよりよほど効率的です。

暗記すべきところを抑える

ここでいう暗記すべきところというのは、試験範囲の基礎的な部分を指します。

試験などで使われる問題は、大きく分けると基礎問題と応用問題です。

基礎は暗記していくしかないのですが、応用は基礎を組み合わせたり、解釈を広げることで解くことができます。

逆に言うと、基礎となる部分を暗記できていないと、点数自体を取ることができません。

基礎の暗記を完璧にしていると、基礎問題を回答する時間の短縮にもつながるので、応用問題に長く時間を使え、自力で解ける可能性もあがってきます。

音声や動画の教材も活用する

スキマ時間を有効活用するという観点から、音声や動画教材も有効といえます。

通勤や通学時間といったちょっとした時間に勉強する時は、勉強道具を出すことも困難です。

しかし、音声や動画の教材をスマホに入れておけば、空き時間に勉強することができます。

覚える内容を書いたり、問題を解いたりするより勉強の効率は下がるでしょうが、繰り返して覚え込ませることで、暗記すべきところを覚えることは可能です。

模試があれば受けておく

宅建や管理業務主任者試験といった資格には、資格試験の前に模試をやっている場合があります。

あくまで一部の資格に限りますが、模試を実施している資格試験は難易度の高い資格が多いです。

合格のボーダーラインが高く設定されていたり、試験範囲が広かったりと資格の種類により差はありますが、いきなり本試験にチャレンジするよりも、本番さながらの模試試験でワンクッションおく方が、合格の確率が上がります。

とはいえ、模試試験を受けるのにも試験料金は掛かるものなので、自分のお財布と相談して取り組むことが重要です。

苦手な箇所はまとめて対策する

上記の項目で、限られた時間を友好的に使い満点を目指さないと述べましたが、試験範囲は一通り学んでおくことが必要です。

そうはいっても、人によって苦手な箇所や中々覚えられない箇所というのはあることでしょう。

そんな場合は、苦手な箇所をまとめて対策するのがオススメです。

おすすめの勉強法として、問題集をひたすら解くというやり方を説明しましたが、問題集を何度も解いているとあなたが何度も間違える問題、つまり、苦手な箇所が浮き彫りになってきます。

問題集を3回、4回と繰り返して解く時、そういった何度も間違える問題をピックアップしてまとめておくのです。

このまとめられた問題は、あなたの苦手箇所の表みたいなものとなり、これを集中的に対策することで、効率的な点数稼ぎを行うことができます。

資格試験で落ちてしまう人の勉強法

資格試験で落ちてしまう人の勉強法

資格試験に臨むうえで、効率的な方法を解説してきましたが、逆に試験で落ちてしまう人がやってしまいがちな勉強方も紹介していきます。

やってしまいがちなモノから順に3つほどピックアップしたので、十分に注意しましょう。

それぞれ見ていきます。

基礎を固めずに応用問題を解く

当たり前のことに思えますが、意外とやってしまいがちなのが「基礎を固めずに応用問題を解いてしまう」ことです。

正確にいえば、基礎問題と応用問題の分類を把握しないまま勉強を始めてしまった時基礎問題をちゃんと理解していない状態で応用問題に手を出してしまうという、どちらかのパターンかでおこりえます。

基礎問題と応用問題の分類を把握するというのは、ちゃんとした参考書を用いれば防げるのですが、適当に参考書を選んだり試験範囲の問題がややこしかったりすると、どこまでが暗記に頼るべき基礎問題でどこからが暗記内容を活用する応用問題なのかが判断しづらいのです。

次の基礎問題を理解しないまま応用問題を解こうとするのは、解説などを見て理解するのに膨大な手間と時間の無駄が発生します。

問題を解くための前提条件が把握できていないので、答え合わせで間違っているのが分かっても、それを理解するまでに遠回りをしてしまうのです。

時間的な制約があったとしても、基礎を固めてから応用に取り組む方が結果的に、時間の効率化を望めます。

参考書を何冊も購入して中途半端

資格試験に臨むうえで必ず必要となる参考書ですが、ネットなどでオススメされているモノを1冊購入すれば十分で、複数の購入は逆に勉強の妨げとなる場合があります。

これは参考書によって、解説や教え方が微妙に違っていることがあり、試験範囲を覚える上での混乱要因になってしまう恐れがあるのです。

また、問題集においても、1冊の問題集を繰り返し解くことで試験範囲の理解が深まり、短期記憶として覚えた内容を何度も繰り返すという作業により、試験日まで覚えておける長期記憶に落とし込むことができます。

しかし、参考書や問題集を何冊も用意することで手広く学ぼうとしすぎて、繰り返し解くという覚え込むための作業時間を確保できなくなるおそれがあるです。

教本を読むことから始めてしまう

資格試験の基礎的な知識も無い場合、知識不足を補うために教本を読むことから始めてしまう人がいます。

最初はなにもわからず、問題など解きようが無いというのは理解できますが、これは非効率的な勉強方であると言わざるを得ません。

なぜなら、教本というのは試験範囲の知識以外にも多くの情報が載せられており、そのすべてを理解するのに膨大な時間を取られるためです。

時間的な制約がある場合は特にオススメできず、全くわからない状態であってもまず問題集から取り組み、正解を確認してその理解のために教本を利用するという活用法が、より短時間で必要な知識を身に着ける近道となるでしょう。

3回ほど繰り返せば、最初は全く分からなかった問題集でも、半分以上は理解できるようになっています。

難関資格試験の勉強には資格スクエアもおすすめ

難関資格試験の勉強には資格スクエアもおすすめ

ここまで、効率的な勉強方法や落ちてしまう人がやりがちな勉強方法を紹介してきましたが、これらを十分に理解していても、難関と言われる資格試験を独学で取ろうというのは難しいと言わざるを得ません。

それは、自分1人では試験合格までのプラン設定であったり、効率的に点数を取るための押さえておくべき問題を把握しきれないからです。

なので、一定以上の難易度がある資格試験においては、資格試験のプロから学べる資格スクエアをおすすめします。

数ある塾の中から資格スクエアがおすすめするのは、以下の3点が理由です。

詳しく解説していきます。

合格しやすい学習設計を採用

資格スクエアは、東大教授である池谷裕二先生の監修のもとカリキュラム開発を行っています。

脳科学上、「情報を実際に使うことで、海馬は優先的に覚えようとする」「入力だけでは3倍忘れる」などとされており、アウトプットに重きをおいた学習方法を採用することで、より効率的な学習方法を確立しました。

つまり、資格スクエアでは脳科学のプロが、最も効率的な学習方法を展開しているということです。

これは、仕事と両立して資格試験を目指しているような時間制約のある人間ほど、うれしい強みといえます。

24時間相談できるサポート体制

資格スクエアはオンライン形式の学習スクールですが、講義内容や学習中の疑問点などは、講義画面からのワンクリック質問などで気軽に相談できます。

ワンクリックでの平均回答日数は0.38日で、オンライン形式の学習プログラムにも関わらず気軽に相談できるのは、他のスクールにない強みと言えるでしょう。

講義画面からそのまま質問に繋げれる利便性も、使用者からの人気の1つです。

スマホでも視聴できる充実した講義

資格スクエアをおすすめする最大の理由は、スマホでどこにいても気軽に勉強できるという講義形式にあります。

社会人になってからの資格取得を目指す場合、最もネックになってくるのは学習時間の確保です。

それには、上の項目でも述べたような隙間時間を有効活用が必須となってきます。

いまや誰もが持ち歩いているスマホで、簡単に資格勉強ができるようになるというのは、時間的な制約がある人にはこの上ないメリットと呼べるのではないでしょうか。


【まとめ】資格試験に合格するにはより効率的な学習方法の追及が必要

この記事では、資格試験に受かるための勉強方法や逆に試験に落ちてしまう人の特徴を解説してきました。

学生の間に取る資格とは違い社会人が資格試験に挑もうとすると、どうしても時間的に制約がネックとなります。

そこで重要となるのが、どれだけ効率的な学習方法を実践できるかであり、その結果によって合否が分かれてくるのです。

なので、自分一人での独学に効率の限界を感じたのなら、多少のお金がかかってもプロの学習塾に頼る必要もでてきます。

欲しい資格の難易度・学習に取れる時間・つぎ込める総資金の3つを総合的に判断して、その中で最も効率の良い学習方法を取れるかが、資格試験の合格には必要となってくるのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミカタ

有名ベンチャー企業の人事経験、キャリアカウンセラー歴7年、求職者が自分らしく働くためのノウハウや、悩み解決へと導く記事を執筆。自分の性格を見つめ直し、向いている仕事、向いていない仕事を把握するための手助けを行なっています。在宅ワークの流行から独自調査した副業分析までコンテンツ拡大中です。

-採用
-, ,

Copyright© カイシャの味方 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.