就活・面接対策 採用 新卒・中途採用

冷静な人に向いている仕事を紹介!特徴から最適解を導く

冷静な人は社会で貴重な人材であらゆる職場で活躍が期待されています。

冷静な人の特徴の代表例はポーカーフェイスで長所として生かせるでしょう。一方で冷静な人の短所もあり、気を付ける点があります。

そこで今回は冷静な人の長所と短所を含んだ特徴、冷静な人に向いている仕事を解説します。

この記事を最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

Neffy(ネフィー)『もちねば炭酸シャンプー』で若見えに?魅力や口コミも紹介

責任感が強い人に向いてる仕事を紹介!特徴や長所・短所も解説

冷静な人の特徴

冷静な人の特徴をリスト化した画像 <img src=""alt="冷静な人 向いている仕事">

冷静な人の特徴をご紹介します。

感情が表に出ない

冷静な人と言えばポーカーフェイスというイメージが強いでしょう。

感情が表に出ないことでリアクションが薄い、何を考えているのかわからないと思われることも多いです。

物事を客観的に見ることができる

冷静な人は感情に左右されないため物事を客観的に見ることができます。

この特徴を生かして活躍できる仕事も多いです。

ペースを乱されたくない

冷静な人は自分の世界に入り、周りにペースを乱されることを嫌います。

計画的に物事を進めることも多く外部から邪魔が入ると冷たくしがちな特徴があります。

積極的に話しかけてきてくれる人と仲良くなりやすい

冷静な人は怖い印象を持たれ相手から話かけられる機会は少ないです。よって、逆に話しかけてきてくれる人に対しては心を開いて仲良くなる可能性が高いことが言えます。

余裕がある

余裕があることも冷静な人の特徴です。計画的に物事を進めることから失敗が少なく俯瞰的に見ることができるので余裕があってかつ自信がある印象です。

冷静な人の長所と短所

冷静な人の長所と短所をリスト化した画像 <img src=""alt="冷静な人 向いている仕事">

冷静な人の長所と短所を紹介します。

長所① 分析ができる

物事を客観的に見ることでき、ポーカーフェイスという点から中立な立場から分析することができ、状況判断に優れています。

長所② 周りから信頼される

リーダー像は2つあり、自分から引っ張っていくタイプと周りから信頼されてついてくるタイプがあります。

冷静な人は後者に当てはまるでしょう。

冷静な人は分析力が優れていることから効率よく仕事をこなすことができ、人間関係もうまく構築するする印象があるので周りからの信頼が厚くなります。

仕事の立場で考えると管理職が向いています。

短所① ノリが悪いと思われる

冷静な人と仲良くなるには時間がかかる印象があります。

冷静な人は明るい人とは対照的で敬遠しがちです。自然と飲み会などの誘いを断る形になりノリが悪いと思われて人間関係構築に時間がかかる場合があります。

短所② 怖い印象を持たれる

冷静な人は感情が出ないため怖い印象を持たれがちです。

相手から話しかけられる機会は相談事を含め他の人とは比べて少ないので自分から積極的に話しかける必要があります。

就活で冷静さをアピールすることができるエピソード

冷静さは就活でもアピールすることができます。そこで冷静さを生かしたエピソードを紹介します。

理系学生

私が取り組んだことは、◯◯サークルの練習環境を改善させ効率化を図り、団体戦で勝利に導いたことです。取り組んだ理由は、何年も負けが続いて下がっていたチームのモチベーションを向上させるためです。というのも、チーム全員で挑む格上サークルとの団体戦での勝利を私たちは目標としていましたが、場所や人数の制約から練習時間が十分に確保できず上達に苦労していました。この状況を打破するために私は練習環境と技術指導方法の改善が必要と考え、練習計画の作成と技術指導に取り組みました。まず練習での役割を分担し、各人が時間を有効活用できる仕組みを導入し練習効率を向上させました。また過去の技術指導経験を活かして、練習後に技術的なフィードバックを行った他、Webアンケートを実施して部員の不満や改善点を引き出しました。効率的な練習と上達の結果、チームの士気があがり、最終的には格上を相手に数年ぶりに勝利することが出来ました。

引用元:ワンキャリア

上記の例は課題に対して適切な解決策を導き出し行動して結果を出すという分析力をアピールすることができます。

このエピソードでも冷静さをアピールすることができますね。

理系学生

学生時代に力を注いだのは、卒業研究のために計算科学を一から習得したことです。私の卒業研究テーマである「◯◯による負イオン捕捉」は先行研究が少なく、実験だけで達成するには非効率だと考え、計算科学という手法を適用することを自分から教授に提案しました。しかしながら、自分の研究室では計算科学に精通した人がおらず、手法を学ぶのが困難でした。そこで、計算科学専門の研究室に伺うというアプローチでこの問題に取り組みました。事情を丁寧に説明することで、その教授にはソフトの使い方から結果の議論にいたるまで、親身に協力していただくことができました。手法を学ぶところから始めたため卒論発表まで時間が無い中でしたが、計算時間がかかるけど正確性が高い別の計算方法も試すことで、先行研究のない中でより良い結果を出すことができました。この経験から、挑戦し続けることの大切さを学びました。

引用元:ワンキャリア

上記の例は効率さを求めた分析力と計算科学を1から習得したというぶれない精神で周りに関与されなかったという冷静さをアピールすることができます。

冷静な人が向いている仕事

冷静な人が向いている仕事をリスト化した画像 <img src=""alt="冷静な人 向いている仕事">

冷静な人が向いている仕事をご紹介します。

エンジニア

エンジニアとは技術者のことを指し、一般的に工学に関連する専門的な技術や能力をもつ職種を表します。

エンジニアは人手不足で将来的にも需要がある仕事です。そんなエンジニアは冷静な人が向いている仕事といえるでしょう。

エンジニアはより効率の良いものを作ろうという心構えが必要です。そこで効率が良くなるように分析する能力が求められます。

また、エンジニアの業務は失敗の繰り返しで何度も仮説検証の作業を行います。ここでも目標に対して淡々と業務をこなすことができる冷静な人が向いていると言えます。

アナリスト

アナリストとは、証券会社や銀行などの金融機関や投資顧問会社などに所属し、幅広いデータや情報を調査・分析して、株価の評価や金融の将来予測を行うスペシャリストのことです。

株価のチャートを分析する際は平常心が重要で感情に左右されない冷静な人が向いています。

また、お金に関する業務が多いため責任が重く判断能力の優れた人が適任でしょう。

公務員

公務員とは国及び地方自治体、国際機関等の公務、すなわち公共サービスを執行する職員のことです。

公務員は安定志向の人が多いうえ、年功序列の風潮がまだあるので上司や周りの人といい人間関係を構築するためにはガツガツ主張しない穏やかな冷静な人が向いているでしょう。

また、公務員の業務はルーティーン化されていることが多く地味な作業でもコツコツできる冷静な人が向いている仕事だといえるでしょう。

マーケティング

マーケティング職とは売れる仕組みを作ることです。業務内容はデータを収集、数字を分析して実行に移す仕事です。

マーケティング職はロジカルシンキングが重要で不確定要素も考慮し仮説検証を行う必要があります。

また、業務のサイクルを回し続ける地味な仕事でもあるので冷静な人が向いている仕事だと言えます。

【まとめ】冷静な人はいろんな場面で活躍することができる

今回は冷静な人の特徴、向いている仕事をご紹介しました。

冷静な人はポーカーフェイス、分析力を長所としていて貴重な人材です。この長所を生かした仕事もあることがわかりました。

この記事を参考にして仕事選びに活かしてください!

-就活・面接対策, 採用, 新卒・中途採用
-, , , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.