金融・投資

FIREシステムは評判通り配当収入が月50万円?気になる仕組みは?

みなさんは「早期リタイア支援プロジェクトFIRE」というネットビジネスをご存じですか。

すでに1,000名以上の参加者がFIREシステムを利用して、継続的に月50万円に近い配当収入を得ているようです。

本記事では、FIREシステムがどのような仕組みで利益を狙い報酬に結び付けているのか、その仕組みをご紹介します。

 

FIREシステムは取引のチャンスをメールでお知らせ

利益が狙えるタイミングをメールで通知と書かれた画像

早期リタイア支援プロジェクトFIREでは、FIREサロンに参加するとFIREシステムを手に入れることができます。

参加者が月50万円の配当収入(スマート配当)獲得に向けてやるべきことは、メールの確認と簡単作業の2つだけです。これだけで、憧れる方も多いFIRE達成に大きく近づけるといいます。大きな初期費用は必要ない上に、スマホ1台で始められるということでネット上でも話題になっているようです。

早期リタイア支援プロジェクトFIREでは参加者自身が最新の市場を読み解き、投資の知識を活用して取引することがありません。投資未経験者も安心して始められると参加者から高い評判を得ているようです。

取引したいときだけメール確認すればOK

FIREシステムは利益が狙えるタイミングが来ると、時間帯に関係なく参加者のメールアドレス宛に通知を送ります。そのため大切な人と一緒に過ごしている時や寝ている時に、FIREシステムからメールが届く可能性も十分あるようです。

早期リタイア支援プロジェクトFIREでは、参加者がメール通知を全て確認しないといけないといったルールはありません。時間があって取引したいと思った時にだけ、メールを確認して本文に書かれた取引内容を実行するだけでいいようです。

毎日忙しくて副業する時間が取れない人や再現性の高い方法で収入アップを目指したい人にとっては、早期リタイア支援プロジェクトFIREはぴったりな副業なのかもしれません。

 

FIREシステムの仕組みをご紹介

早期リタイア支援プロジェクトFIREと書かれた画像

FIREシステムは、開発チームが長い年月と費用を投資して作り上げた精度の高いシステムのようです。なぜ利益が狙える瞬間だけを見事に検知できるのでしょうか。気になる仕組みを見ていきましょう。

FIREシステムはビットコインFXで利益を狙う

FIREシステムが取引する舞台はビットコイン市場だといいます。

ビットコイン市場は価格変動が激しく、たった数時間で価格が大きく変化することも珍しくない市場です。そのため投資初心者はもちろん、プロの投資家でも継続的に利益を狙うのは難しいといわれています。

FIREシステムはビットコイン市場に異国間の通貨の差額を利益として狙うFXの手法を用いることで、ビットコインの値動きを気にすることなく利益を狙える環境を作り上げたようです。

一度の価格変動で大きな金額が動くため、たった一度の取引でもまとまった利益が狙いやすい点がビットコインFXの大きな魅力だといえそうです。

 

取引のベストタイミングは最新AIが検知

利益を狙えるベストタイミングは、FIREシステムに搭載する最新AIがビットコインの価格の暴騰や暴落と共に検知します。最新AIには、過去10年以上のビットコインと日本円のペアの動きを解析し、通常のチャート上では確認できないような市場の隙を検知できる技術を搭載しているようです。

ビットコインの価格が上がっても、下がってもビットコイン価格の暴騰・暴落を事前に検知できるFIREシステムであれば利益を狙うチャンスが手にできてしまうわけです。

例えばこの場合。

ビットコイン市場の価格変動を示した画像

価格が上がると予知できたとしたら、上がる前にビットコインを買って価格が上がったら売ることも簡単にできてしまいます。

460万円から550万円にビットコインの価値が約20%上がっているため、10万円あれば2万円稼げたわけです。

この取引を自力でやろうと思っても、かなり難しいことはいうまでもありません。

 

FIRE独占の稼ぎ方でライバル不在

ここまでご紹介した稼ぎ方はFIREが独占しているため、ライバル不在の状態だといいます。

FIREシステムは常にアップデートを行っているため、最新の市場にも十分対応可能。ネットビジネスでよくある参加してから短期間だけ利益が狙えるといった、限定的なものではなく長期的に活用できるシステムのようです。

FIREシステムを入手後は、継続的にスマート配当が狙える環境が整っているといいます。多い時で1日5回ほど利益が狙えるチャンスが発生するようです。

一般的には、投資はチャートやトレンドの動きに振り回されやすいといわれます。しかし早期リタイア支援プロジェクトFIREの場合は、FIREシステムが自動で取引から決済までワンストップで完結できるため心配しなくてもよさそうです。

 

FIREシステムの鍵は独自指標のエンベロープ

FIREシステムは、FIRE開発チームが独自開発した指標「エンベロープ」を活用しながら利益が狙えるタイミングを検知しています。

緑の線がビットコインの平均価格を表す移動平均線、上下に4本ある青い線がエンベロープです。

エンベロープを説明した画像

 

移動平均線がエンベロープに触れたときが、利益を狙うベストタイミング。

ビットコインFXには価格が大きく動けば必ず中心部分に戻ってくるという特徴があるため、それを上手く利用しているのです。

 

取引のタイミングをどうやって検知しているのか、より分かりやすい画像がありますのでご覧ください。

チャートが反発する瞬間を説明する画像

上の画像でいうと、赤の矢印が「売り」のサイン、青い矢印が「買い」のサインです。どちらの画像も、エンベロープに触れた瞬間にローソク足の色が変わっています。まさにチャートが反発しているタイミングなのです。

このタイミングをFIREシステムが検知し即時に参加者にメールで通知してくれるため、参加者は高い確率で利益を狙うことができます。メールが届くまでは自分が好きなことをしながら過ごせるため、新しい副業を始めたからといって大きな負担にはならないのです。

 

FIREシステムでスマート配当を狙うまでの流れ

FIREシステムで利益を狙うまでの流れと書かれた画像

 

早期リタイア支援プロジェクトFIREの参加者は、WEB説明会参加して内容を理解した後にFIREシステムを手にすることになります。

システムの初期設定は参加時にもらえるマニュアルを見ながら進めれば、5分程度で終わるようです。

スマート配当を狙う流れを説明した画像

 

FIREシステムは再現性が非常に高く誰がやっても同じ結果になるということで、参加者からは高い評判を得ているようです。その一方で、一部のネットサイトでは怪しい詐欺といった悪い評判が流れています。

早期リタイア支援プロジェクトFIREの口コミや評判が知りたい方は、こちらの記事に詳しく紹介していますので参考にしてください。

早期リタイア支援プロジェクトFIRE口コミ・評判調査やってみた!怪しい案件なのか?

 

FIREシステムで新たな収入源を築こう

FIREシステムは、最新AIを搭載した精度の高いシステムです。

参加者自身がチャートやトレンドを読み解きながら利益を狙うわけではないため、無理なく副業して収入を増やしたい人にもおすすめです。取引から決済まで自動でFIREシステムが行ってくれるため、投資未経験者も安心して始められます。

早期リタイア支援プロジェクトFIREに参加して新たな収入源を構築するためには、WEB説明会への参加が必須です。興味がある方は、ぜひ一度参加してみるといいでしょう。

早期リタイア支援プロジェクトFIREの公式サイトはこちら

-金融・投資
-, , , , ,

Copyright© カイシャの味方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.