当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

人物紹介 塩谷一樹

塩谷一樹とは?税理士法人シリウスや経歴を調査!!

塩谷一樹とは、現在、税理士法人シリウスの代表社員として活躍している人物です。

そんな塩谷一樹とは、どのような人物なのでしょうか。ここでは、塩谷一樹の詳しいプロフィールや経歴、税理士法人シリウスでの事業内容、今後の展望について詳しく紹介していきます。

では、早速詳しく見ていきましょう。

塩谷一樹とは?

ここでは塩谷一樹の詳しいプロフィールについて紹介していきます。

塩谷一樹のプロフィール

名前 塩谷一樹
ふりがな しおのやかずき
生年月日 1973年11月20日
性別 男性
出身地 東京都世田谷区
居住地 東京都杉並区
最終学歴 中央大学経済学部 卒業
所属 税理士法人シリウス 代表社員
会社HP https://www.sirius-ta.com/
Facebook https://www.facebook.com/kazuki.shionoya/
Linkedin https://www.linkedin.com/
Wantedly https://www.wantedly.com/id/sionoya
TOMORUBA https://tomoruba.eiicon.net/u/
PROTOCOL https://protocol.ooo/users/

塩谷一樹の生い立ち

子供の頃からスポーツ観戦が好きで、幼い頃は甲子園の試合をほぼ全試合テレビで観戦していたようです。中学生の頃には、実際に、地元の友人とオリジナルの衣装を作成してプロ野球観戦に行っていた過去もあります。

塩谷一樹は、今でも、野球だけでなくサッカー、バスケ、陸上、水泳、ボクシング等ジャンルを問わずTVでのスポーツ観戦を趣味としています。

塩谷一樹の経歴

塩谷一樹は、中央大学経済学部在学中に、公認会計士の勉強に力を入れていました。

大学卒業後は、大手監査法人の一つに就職し、上場会社等の法定監査を担当

初めての社会人経験の中、監査法人での業務は何をするにしても新鮮で楽しくはあったものの、入社当初からの将来は独立して会計事務所を開きたいという夢のために転職を考えます。

夢のために税務を勉強したいという気持ちが強くなり、入社から3年半で監査法人を退職後、同じ監査法人グループの大手税理士法人に転職しました。

大手税理士法人では、当時導入されたばかりの組織再編税制や連結納税等の業務を担当し、塩谷一樹にとって、業務内容は刺激的なものでした。

しかし、大手税理士法人ではクライアント規模が大きく、経営者の方と直接話す機会がほとんどありませんでした。

塩谷一樹は、中小企業の経営者へ向けたサービスを経験すべく、中堅の税理士法人に転職し、その後税理士法人シリウスを創業し、現在に至っています。

また、共著では『中小企業の資金調達方法がわかる本』、『これ1冊で安心 歯科医院経営の成功手法がわかる本』を出版しています。

税理士法人シリウスの事業内容

税理士法人シリウスの事業内容

理士法人シリウスでは、コーポレート事業、医療事業、資産税事業の3つの事業を柱として業務が行われています。

事務所規模は現在25~26名程ですが、税理士法人シリウスは、同程度の規模の事務所でこれら3つの事業全てに取り組んでいる会計事務所はほとんどないと自負しており、業務範囲の広さを最大の特徴として挙げています。

他の会計事務所と比較すると、規模の大きな会計事務所の業務範囲の方が更に広くはなりますが、規模が大きくなると組織が縦割りとなり、セクショナリズムが生じるというデメリットがあります。

スタッフは所属部門の業務に特化して従事するケースが多く、コーポレート部門のスタッフが医療や資産税の業務を経験してみたいと手を挙げたとしても、組織が縦割りであるが故に、なかなか経験することができないという事象が起こりえます。

一方、税理士法人シリウスでは、比較的フラットな組織で運営しており、特に若いうちは色々な経験してみてから自分の適性を探して欲しいという方針です。税理士法人シリウスのスタッフは、まずは手を挙げて、新しい分野の業務を経験してみる、ということができる環境にあります。

個々で経験や能力も異なるため、その時の状況によって100%希望が通るということではないようですが、やる気のあるスタッフにはなるべく多種多様な業務を経験したうえで、将来の自分の道を決めて欲しいという考えのもと、運営されています。

税理士法人シリウスがこのような体制をとることができる理由

税理士法人シリウスがこのような体制をとることができる理由として、それぞれ異なる経験を積んだパートナーが集まって創業された事務所である点が挙げられます。

会計事務所が創業される際には、一般的に、知り合い同士で集まって創る事務所が多くなります。

その場合、同じような経験を持つパートナーが集まることが多く、例えば、資産税に強い会計事務所出身者が集まって創った会計事務所は必然的に資産税の業務の比率が高くなり、監査法人出身者が集まって創った会計事務所は必然的に上場会社・上場準備会社のサポート等の業務の比率が高くなる傾向にあります。

税理士法人シリウスは、共同経営者であるパートナーが、前職においてそれぞれコーポレート、医療、資産税に特化又は強い事務所で研鑽した経験を持っています。

それぞれの分野のプロフェッショナルとして独立開業できるメンバーが集まって創業された事務所であることから、上記のように、コーポレート事業、医療事業、資産税事業の3つの事業を柱として業務を行うことが可能となっています。

サービス内容

税理士法人シリウスのコーポレート事業では、通常の税務顧問・記帳代行業務の他に、創業・会社設立サポート、資金調達サポートや組織再編のサポート、M&Aにおけるデュー・デリジェンス業務・株価算定業務等を提供しています。

ファンドにおけるSPC関連の業務についても提供しており、コーポレート事業のなかでも多岐に渡るサービスを展開しています。

また、クライアントは上場会社及びその子会社から個人事業まで広範囲に渡っており、業種も偏りは見られません。IT関連企業、旅館・飲食業、電力業、金融業関連、その他サービス業等多岐に渡り、さまざまな規模・業種の企業を経験できるというのが税理士法人シリウスの特徴です。

医療事業では、「医師の信頼できるパトナーとして病医院を税務会計から支え長きにわたりサポートしていく」というミッションの下、クリニックの開業支援、資金調達サポート、医療法人、資産形成・事業承継に関するアドバイスを提供しています。

資産税事業では、相続税、譲渡所得等の所得税の申告業務、相続対策のアドバイス等のサービスを提供しています。

税理士法人シリウスは、特に不動産オーナー向けのサービスが強く、大手の不動産仲介会社やハウスメーカーと提携して、セミナーの講師や個別相談会の相談業務等を行っています。

税理士法人シリウスの開業理由

塩谷一樹は、大学在学中に公認会計士の勉強を始め、卒業後は大手監査法人の一つに就職し、上場会社等の法定監査に従事しました。

その後、入社当時からの「将来は独立して会計事務所を開きたい」という夢に向けて、税務を勉強するために入社から3年半で監査法人を退職し、同じ監査法人グループの大手税理士法人に転職しました。

大手税理士法人では、当時導入されたばかりであった組織再編税制や連結納税等を担当し、次に中小企業の経営者の方々へのサービスを経験すべく、中堅の税理士法人に転職し、その後税理士法人シリウスを創業し、現在に至っています。

塩谷一樹が独立開業した理由は、中小企業の経営者の方々の夢を実現するためのお手伝いをしたい、日本企業の大部分を占める中小企業の皆さまが元気になることによって、引いては日本経済全体の活性化の一助になりたいという想いからです。

上記の想いから、税理士法人シリウスのミッション(経営理念)は、「お客様の未来を明るく照らす『道標』となる」と設定されています。

シリウスという社名も、冬の大三角形を形成するおおいぬ座の首星から取っており、夜空に最も明るく輝く恒星(自ら光を発する星)からつけています。

また、シリウスには、ギリシャ語で「光り輝くもの」という意味があり、内側から輝ける人材を輩出し、お客様の未来を明るく照らす光となる会計事務所になりたい、という想いも込められています。

税理士法人シリウスの今後の展望は?

塩谷一樹は、今後、税理士法人シリウスの強みを活かすべく、今まで以上にコーポレート事業、医療事業、資産税事業のシナジーを発揮し、税理士法人シリウスのミッションである「お客様の未来を明るく照らす『道標』となる」を実現できるサービスに力を入れていきたいと考えています。

具体的な施策としては、未来経営サポート業務事業継承業務の2つを取り上げています。

一つめの未来経営サポート業務は、会計事務所業界で一般的にMAS監査業務と言われているもので、中期事業計画の作成を通して、経営者の夢や想いを数値化して「見える化」し、最終的に自社による目標達成のための仕組みづくりをお手伝いする伴走支援型のサービスです。

塩谷一樹は、このサービスは、経営者の方の夢や思いを「見える化」するという点で、まさに『道標』となることができるサービスだと考えており、ミッションの観点からも税理士法人シリウスが得意とする分野だと考えています。

現段階でも、未来経営サポートは、当初の想像以上に医療事業との相性が良いことがわかっています。

これは、医師・歯科医師は、最初は個人事業主として開業され、経理や経営企画等の管理部門のスタッフがいないケースがほとんどであることが要因です。業から経営が安定するまでの期間においては、設備投資計画、資金調達計画を含めた事業計画の作成とその進捗状況の把握・管理を行うスタッフがいないため、社外CFOとしてのニーズが高いという分析がされています。

二つ目の事業承継業務についても、クリニックの事業承継や医師の相続対策など、医療事業と資産税事業とのシナジー効果も高く、事業承継計画を作成して円滑な事業承継を目指すという点で、まさに『道標』となることができるサービスであることがわかります。

税理士法人シリウスは現在、事業承継サービスについて金融機関との連携も進めており、塩谷一樹は、これら2つの事業も、今後伸びて行く分野ではないかと考えています。

まとめ

ここまで、塩谷一樹の詳細なプロフィールや経歴、税理士法人シリウスでの活躍などについて詳しく紹介してきました。塩谷一樹は、学生時代から地頭が良く、勤勉で、持ち前の向上心と継続力で努力してきた人物です。

大手監査法人や大手税理士法人に就職した後も、目的を持った転職経験を経て、税理士法人シリウスを創業するまでに至りました。

今後の展望についても、明確なビジョンと想いを持つ塩谷一樹に期待が高まります。

-人物紹介, 塩谷一樹

Copyright© カイシャの味方 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.